【購入】脅威の性能!!Appleシリコン(M1)MacBook Air ファーストインプレッション(&外部ディスプレイ2台使える!?)

Appleシリコン(M1) Mac、以下の記事の通り「Mac mini」を選択しました。
メモリを16GBにカスタマイズしたため、まだ手元には届いていません。

関連記事

ついに発表された、新CPU(SoC) Appleシリコン搭載Mac。 発表された瞬間は何がよいのか判断つかずで一旦保留としましたが、検証・開発用として欲しかったということもあり、悩んだ末に「Mac mini」を選択しました。 [ad[…]

Appleシリコン(M1) Mac自体の販売は開始されました(2020/11/17〜)ので、実機の評価が公開され始めました。

内容を確認していたところ、「これは間違いなくしっかりとした製品だ、今のマシンを一新できる」と感じました。

Appleシリコン(M1)の衝撃

当初は情報が足りず、どのMacBook Air、MacBook Pro、Mac miniのどのラインナップを購入すればよいのかが判断つきませんでした。

しかし、以下の特徴が見えてきました。

  • 今回発表されたAppleシリコン(M1)の性能は同じ(AirでもProでも)
  • 排熱処理の関係で、フルパワーで稼働できる持続時間が異なってくる
  • しかし、相当な負荷をかけない限り、性能は落ちない
  • 既存アプリ(Intelアプリ)の稼働もほぼ問題なく、CPU性能の関係で、結果的にIntelMacよりも速い
  • バッテリー持ちも異常に優秀
  • そのような性能にも関わらず、比較的低価格

そんな状況から「外出時に利用するMacBook ProもAppleシリコン化してよいのでは?」と考えました。

そして、MacBook Airも(追加)購入

検討の結果、一番低価格な「MacBook Air2020 (M1) ゴールド」を選択しました。

MacBook Airを選定した理由は下記です。

  • 外出用の端末であり、高負荷をかけ続けることはまずない
  • メモリ8GBなのは迷いましたが、通常利用で困ることはないと判断(=Appleを信じてみた)
  • 電池持ちはよいにこしたことはないが、MacBook Airで十分すぎる(最大15時間のワイヤレスインターネット。MacBook Proは17時間)
  • Touch Barは不要、排熱に困らないのであれば、ファンレスがよい
  • 久々に違う色が欲しい(→ゴールドはMacBook Airだけ)
  • (手元のバックアップ機を売却することで、ほとんど出費なく購入できる価格)

通常モデルを選択しましたので、即納できました。

所感

別途、使いこんでから製品レビューを行う予定ですが、少し触った感触は以下です。(ファーストインプレッション)
ベンチマークテストは数々のサイトで公開されておりますので、そちらをご参考ください。

感覚的なお話で恐縮ですが、とりあえず「ものすごく快適」です。

ぬるぬる動くMac

OSもmacOS Big Sur(11.0)に変わっているので判断が難しいところですが、「iPad」みたいな感じでぬるぬる動きます。
触っていて気持ちがよいマシンです。

メモリ管理・処理が優秀?

しっかりと測定しているわけではないのでご参考レベルです。

Safariのタブを開きまくったり、アプリを立ち上げまくったりしてみました。
スワップしているようにも見えますが、体感的には遅いと感じないです。

当然人によりますが、通常のオフィス利用(ブラウジング、メール、Excel等での資料作成)であれば全く問題ないのではないでしょうか。
以下のようなメモリの動きであれば、メモリ不足を感じることはないです。
スワップするデータの選択が上手いのか、スワップ先のSSDが超高速なのであまり影響を感じないのか・・・不明です。

ただし、単発でメモリをドカ食いするアプリの場合、Macのレインボーカーソルが回り、処理中はマシンが重くなりました。
(初レインボー!、でした。)

具体的には、アプリを開発するための「Xcode」を起動したら当該事象が発生しました。
メモリプレッシャーが「赤く」なっているところで、レインボーカーソルが発生していたことになります。

しかし、起動後は、他のアプリも含めて至ってスムーズな動作。
うーん、どのようにコントロールしているのでしょうか・・・?

アプリ開発や、動画・画像編集、リッチなゲームなど、メモリをガッツリと使うアプリはどこまで実用に耐えられるか要注意な気がします。

バッテリーは売り文句通り、優秀

iPadを使っているような感覚です。
数時間使っても、「あれ?まだ70%あるの?」という感覚。

外出して1日中端末を起動しっぱなしにしない限り、モバイルバッテリー不要だと感じました。
(おそらく、1日中使ってもバッテリーは持ちそうですが、さすがにその場合はバッテリー持参します。)

安心感抜群ですが、やっぱり、荷物であることは間違いないですからね・・・

関連記事

MacBookProを持ち歩いて仕事をする時に困るのが「バッテリーが切れたらオシマイ」問題。 MacBookProはUSB-C給電に対応しているので専用のアダプタである必要がありません。 他ガジェットも給電できるモバイルバッテリーで[…]

ファンレス、発熱しない

MacBook Proで苦しめられた、排熱処理、そしてファンが回ることによる騒音問題。

MacBook Airはファンがないのでそもそも騒音が発生しませんが、端末自体もほぼ熱を持ちません。

これはかなり感動もので、(端末がサクサクと動作することは大前提となりますが、)ユーザー体験として「熱」「ファンの音」はかなり大きなウェイトを占めていたのだ、と感じました。

関連記事

メインで使用している「MacBookPro2018 15インチ」ですが、「文字入力に極度の遅延が発生」「時折マシン全体が重い」「CPUファンが回りっぱなし」という症状に悩まされるようになりました。 「排熱の問題」である感はありますが、[…]

iPad/iPhoneアプリが動作する

もちろんアプリの作りによると思いますが、基本的には普通に動きます。

弊社アプリ「Simple Memo-Ultimate-」も、何もアプリ修正しておりませんが、問題なく稼働しました。
Big Surでのウィジェット機能も問題なく稼働。
データの取り扱いが少し心配でしたが、同期機能も含め、問題なく動作しています。

早速、自分で便利に使っています。笑

iPadアプリと同様の動きになるため、Macでも使いやすくなるように少し改修をいれようと考えております。

アプリ

Information iPhone/iPad用のテキストエディタアプリです。 ※「Apple Silicon(M1) Mac」において、iPadアプリとして動作することを確認しております。 iOS14以降で利用可能なウィジェット[…]

iPadアプリ、デフォルトでAppleシリコンMacでダウンロードできるようになっているのですね・・・

スリープからの復帰が速すぎ

IntelMacも遅くはないですが、AppleシリコンMacは、画面を開いた瞬間に起動しています。

画面を開くのが間に合わないくらいです。

Touch Barがない方がスッキリ

まったく「Touch Bar」を活かした使い方ができていないため、「Touch Bar」のない「MacBook Air」はスッキリとして気持ちがいいです。

キーボード上部が光っていないため、スッキリさを感じるのかもしれません。

関連記事

一向に廃止にならないMacBook Proの「Touch Bar」。 色々調べても有効な使い方が見当たらず、不満ばかり耳にする「Touch Bar」。 「こうすればよかったのに」と考えるところがありますので、記しておきます。 […]

稼働確認

随時、各アプリにて「Appleシリコンに対応したバージョン」にアップデートされるかと思いますが、
現時点(2020/11/19)で私が動かしてみた範囲での状況をご連携いたします。

なお、Apple製アプリは動いて当然ですので、割愛します。

確認環境

  • MacBook Air 2020(M1) ※一番安いモデル
  • macOS Big Sur (11.0) → 途中で 11.0.1にアップデート

特に問題なし

※網羅的な稼働確認をしているわけではありませんので、ご了承ください

  • ATOK for Passport
  • Alfred 4
  • 1Password
  • Path Finder 9
  • Microsoft Remote Desktop
  • Microsoft Visual Studio Code

やや遅いこともあるかも?

Microsoft Excel(Microsoft365版)

セルのコピペで、多少引っ掛かりを感じることがありました。
動作がおかしい、といったことはありません。

動作しない

BootCampアシスタント

IntelMacではないので、当然ですね・・・

※アプリはありますが、起動すると怒られます。

余談

幻の?バージョン11.0

MacBookAir購入時、macOSのバージョンが「11.0」でした。

既存製品向けのBig Surリリースは「11.0.1」がダウンロードされてきましたので、「11.0」というバージョンは貴重だったのかもしれません。(笑)

Intel、何してる

現状、「Windowsは動かせない」「動きが微妙なアプリもあることはある」という状況ですが、ハードウェア面だけで見るとIntel機にはもう戻れないくらいの快適さです。
しかも、(Intel機に比べると)低価格。

メモリがMAX 16GBということや、拡張性(外部ディスプレイ1台まで)に難はありますが、ノートPCとして使うだけであれば、これほど快適なマシンはないのではないでしょうか。

手持ちのマシン達が、少し色あせてしまいました・・・(気持ちの問題)

メインマシンの置き換えを狙っている「Mac mini」の到着が待ち遠しいです!

外部ディスプレイ1台 + Sidecarは可能

外部ディスプレイは1台まで、となっていますが、+Sidecarを使って、2枚使うことは可能でした。

左側のディスプレイはUSB-C接続、右側のiPad(iPad Pro2020 11インチ)は無線LAN経由での接続です。
もちろん動作もスムーズです。

左側は17インチのモバイルディスプレイですが、MacBook AirからのUSB-C給電でしっかりと動作しております。
※MacBook Airのパームレストにあるぶつぶつは、保護フィルムを貼った時の気泡です。消えるのかな・・・

周辺グッズ(2020/11/20追記)

さっそく、いつもの周辺グッズも揃えました。

関連記事

MacBook Air2020(M1)を購入しましたので、早速周辺グッズを入手しました。 本体はゴールドを選択しましたので、できるだけ色合いが合うモノを選択しました。 なかなか良いものが見つかりましたので、ご紹介いたします。 […]

関連リンク

アプリ

Information iPhone/iPad用のテキストエディタアプリです。 ※「Apple Silicon(M1) Mac」において、iPadアプリとして動作することを確認しております。 iOS14以降で利用可能なウィジェット[…]

関連記事

MacBookProを持ち歩いて仕事をする時に困るのが「バッテリーが切れたらオシマイ」問題。 MacBookProはUSB-C給電に対応しているので専用のアダプタである必要がありません。 他ガジェットも給電できるモバイルバッテリーで[…]

関連記事

メインで使用している「MacBookPro2018 15インチ」ですが、「文字入力に極度の遅延が発生」「時折マシン全体が重い」「CPUファンが回りっぱなし」という症状に悩まされるようになりました。 「排熱の問題」である感はありますが、[…]

関連記事

一向に廃止にならないMacBook Proの「Touch Bar」。 色々調べても有効な使い方が見当たらず、不満ばかり耳にする「Touch Bar」。 「こうすればよかったのに」と考えるところがありますので、記しておきます。 […]

関連記事

MacBook Air2020(M1)を購入しましたので、早速周辺グッズを入手しました。 本体はゴールドを選択しましたので、できるだけ色合いが合うモノを選択しました。 なかなか良いものが見つかりましたので、ご紹介いたします。 […]

記事情報や役立ち情報を発信します!
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content