【比較】「本当に」iPadはPCの代わりになる?iPad vs Mac vs Windows

先日のiOS13.4のリリースに伴い、iPadでトラックパッド・マウスが正式に利用できるようになりました。

となると、当然、(再度)思いつくのが「iPadはPCの代わりになるか?」ということです。
※以前からiPad Proは「PCの代わりになる」とのうたい文句でしたが、画面にタッチして操作するのは現実的には厳しいものがありました。

結論からすると「完全にPCの代替となることはありえない」となりますが、
やりたいことがiPad(のみ)でできるのであれば、十分PCの代わりになる」「PCよりも便利なケースがある」と考えます。

石黒直樹
iPadだけで業務ができる、と考えると夢が広がりますが、罠もあります
Mac、Windows機との比較を整理しましたので、ぜひ、ベストバイを目指してご判断ください!

iPad

想定環境

  • iPadにキーボード、トラックパッド(or マウス)を接続
  • iOS(iPadOS)13.4 以降 ※トラックパッド・マウスが使えるようになったバージョン

記事執筆時点、まだApple純正の「iPad Pro Magic Keyboard」は発売されておりませんが、そちらを選択するのがベストかと思います。
(元々)Mac用のApple Magic KeybordとTrackpadを接続して検証しております。

強み

機動力は抜群!

基本的には、持ち運び時はスリープ状態です。(スマホと同様)
すぐに利用できる状態であるのは何物にも代えがたいです。

セルラーモデルがある

さらに、セルラーモデルの選択が可能です。
テザリングなど不要ですぐにインターネットが使えるのは利点です。

また、スマホをベースとして設計されているiOSですので、ベースとして通信量を抑えやすいです。

新しめのiPadであればeSIMにも対応してります。
IIJがeSIMに対応した格安プランを提供しています。

※データプランゼロであれば、基本利用料 150円/月 + 300円/GB と、リーズナブルに利用することができます。

私も、自身のメインのiPhoneでeSIMを利用しておりますが、全く問題はありません。

関連記事

iPhoneXSはもともと「eSIM」が備わっております。 先日の記事でeSIMについて記載しましたが、「eSIMを使える端末を所有しているのに、使ってみないというのは何事だ!」、、、ということもあり、実際に契約して使ってみました。 […]

端末が比較的小さい

Macよりも小さいですし、同ディスプレイサイズのWindowsノートPCよりも小さいことが多いです。

電池の持ちもよい

当然使い方によりますが、Mac、Windows機よりは電池の持ちがよいです。

高性能なペンがある

公式の「Apple Pencil」があるため、安心して、高品質な使い勝手を得ることができます。

トラックパッド・マウス対応でようやくPCライクに

この対応をもって、ようやく「PCライク」といってよいレベルになりました。

トラックパッド・マウスが「画面タッチ」の代わりとなりますので、一通りの操作が可能です。

※ノートPCの形で画面タッチするのは、やはり使い勝手として無理がありました。

そもそも「タブレット」として使う場合は右に出るものなし

高性能タブレットですからね。

電子書籍を読む、映画を見る、など「インプットデバイス」としての使い勝手は最強です。

アプリによってはMac/Windowsよりも高速

iPad Proであれば、特に画像/動画系を処理するアプリはMac、Windowsより高速なことが多いです。
ハードウェアの性能が高いためです。

売値(買取価格)が比較的安定している

少し盲点かもしれませんが、Apple製品は古い製品でも値崩れが緩やかで、高値で買取できることが多いです。

Apple製品は割高感がありますが、買い取り価格まで考えるとそうでもないかもしれません。

弱み

複数アプリを利用するのは苦手

画面に表示できるのは基本的には1アプリ。
SplitViewなどを使えば2アプリ表示できたりしますが、アプリによって完全に対応していないこともあります。

アプリ間のファイルのやり取りもできない・手間がかかることが多いため、苦手です。

大量の文章作成も苦手?

少しずつ変換精度は上がっておりますが、日本語変換はやはり今一歩です。

また、ファンクションキーがないため、変換中の文字をカタカナにする、といった操作がありません。

文字を大量に入力するには、少しストレスかもしれません。

ファイラー機能が弱い

フォルダを作って、その中にファイルを入れて、、、と、Mac/Windowsでは当然の操作ですが、
iPad(iOS)はそのような操作は困難です。(近年、少しずつ可能になっていますが。)

また、アプリをまたいで同じファイルを共有するのも手間、もしくはできないことが多く、必要な業務をよく見極める必要があります。

動かない・挙動が怪しいWebサイトがある

Windowsに比べると、うまく動かないWebサイトがある印象です。
(公的機関の申請サイトなど、セキュリティが強く求められるようなサイトは非対応なことも多いです。)

Safariでデザインが崩れる系は、Chromeなど別アプリを使えば回避できることもあります。

アプリ次第な面が強い

「強み」欄で「画像/動画系を処理するアプリはMac、Windowsより高速なことが多いです」と記載しましたが、それも、Windows/Macのアプリと同レベルのアプリが提供されている場合、となります。

周辺機器との接続に難あり

外部接続は基本的にはできない、との認識の方がよいと思います。(相性問題も発生しやすい印象です。)

接続できないので、例えばUSB接続を利用した他ガジェットのファームウェアアップデートといったこともできません。
当サイトでも何度も登場してくるSONY 電子ペーパー「DPT-CP1/DPT-RP1」のファームウェアバージョンアップも、iPadでは行うことができません。

関連記事

久しぶりに、というか、やっと、というか。 しかし、地味に、しっかりとアップデートいただける製品。 それがSONYの電子ペーパー「DTP-CP1(A5サイズ)」「DPT-RP1(A4サイズ)」です。 ※SONYとは何の関係もあり[…]

ディスプレイの拡張が難しい

iPadの画面を拡張することは難しいです。
(Mac/Windowsであれば、複数のディスプレイを使うことが可能です。)

ミラーリングや表示用にディスプレイを使うことはできますが、
Mac/Windowsのような「拡張ディスプレイ」として表示領域を増やして使うことはできません。

そんなに軽いわけではない

iPadそのものだけであれば軽いですが、キーボードやトラックパッド(or 一体型カバー)を装着した途端、PC/Macに負けないくらいの重さになります。

周辺機器が比較的高価

本体+周辺機器を一通りそろえると、結構な金額になります。

補足

iPadでできないことは、Mac/Windowsで行う。

リモートデスクトップ機能を使えば、それなりにしのぐこともできます。
1つのやり口として、ご参考くださいませ。

関連記事

持ち歩きにiPadは便利です。 PCを持ち歩くよりも軽いことが多いですし、SIM搭載モデルなら単体で通信も可能です。 電池の持ちもかなり優秀です。 しかし業務をする上で、Windows機が必要となることがあります。 そん[…]

Mac

想定環境

  • モバイル系端末(MacBook Air、MacBook Pro)
    ※持ち運べる比較、という意味で

強み

iPadの強み・弱みの逆転となりますので、
その他の目線やWindowsとの比較を載せておきます。

その気になればWindowsも動く

Mac自身が「BootCamp」というWindows単体で動作する仕組みを用意しています。

Apple Support

Boot Camp を使って、Mac に Microsoft Windows 10 をインストールし、Mac を再起動す…

また、Mac上で動く仮想化ソフト「Parallels Desktop for Mac」のようなソフトを使えば、ほぼ完璧なWindowsを動作させることができます。

※「ほぼ」というのは、外部接続機器との相性問題等が発生する可能性があるためです。

私はこの仕組みがあるため、Macを購入することが多いです。

バッチリな周辺グッズが多い

Macは本体の選択肢が少ないですが、逆に、相性バッチリな周辺グッズが多いです。

Windowsと比較すると、収納カバーやディスプレイ保護フィルムなど、完璧にマッチするものが多々あります。

関連記事

先日、MacBookPro13を購入しましたので、いつものグッズを速攻購入しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://gloria.cool/blog/20190605-buy-macbookp[…]

弱み

Office系は完敗

Word、ExcelといったOffice系については、やはり完敗と言わざるを得ません。

代替手段も色々とはありますが、互換性などを考えるとWindows版 Word、Excelを使った方が楽です。

カフェでよく見かける

人によるとは思いますが、、、

カフェではMacを使っている人が多いため、かぶります。
(ちょっと、嫌だったりします ^^;;; )

補足

(そのような方はマレでしょうけど)「iOS系のアプリ開発をする」にはMacでないとできません。
(異なるフレームワークを使ってWindows等でコーディングすることはできますが、最後はMacを使わないとコンパイルできません。)

Windows

想定端末

  • ノートPC
    ※持ち運べる比較、という意味で

強み

こちらもiPadの強み・弱みの逆転となりますので、
その他の目線やMacとの比較を載せておきます。

基本的には、できないことはない

業務系の処理で、Windowsに対応していないということはあまりないのではないでしょうか。
Macにしかないようなアプリもありますが、同様のことができるアプリはきっとあると思います。

選択肢が多い

セルラーモデル、タッチパネル、ペン対応。
画面サイズ、機種の多さ、個性的なウリ(安さ、重さ、拡張性等)。

選択肢の幅が段違いです。

割安なものが多い

汎用性に富み、出荷台数も多い。
安価なものも多く、お財布には優しいと思います。

弱み

メーカー独自機能はレベルが低いことが多い

例えば、ペンに正式に対応している機種であっても、ソフトウェア面でイマイチなことが多いです。
「できることはできる」のですが、トータルで見ると「ちょっとイマイチかな、、、」ということがあります。

※OS、アプリが最適化しきれていないからだと感じます。

補足

Windows機はバリエーションが多いのが一番の特徴かと思います。
ペンに対応、SIM対応など、様々です。

ベストなモノを選びましょう!

関連記事

使用しているメイン端末はMacとなりますが、業務上、Windowsも必要です。 Windowsは、Mac上の仮想Windows(Parallels)や小型デスクトップ(Windows)を使っていました。 しかし、Windowsでも高[…]

総評

前述の通り「iPadはPCの代わりになるか」は、
そもそも利用できるアプリや土台となるOSの思想が異なりますので「完全にPCの代替となることはありえない」と言わざるを得ません。

どれを選択すべきかはそれぞれの強み・弱みからご判断いただくのがベターですが、「iPadがPCよりも便利なケース」をまとめておきます。

「旨味」を生かした選択をし、便利に使いましょう!

iPadがPCよりも便利なケース

  • 思った時に「即」使いたい
    (起動は一瞬、セルラーモデルもあり)
  • 「タブレット」として使うことも多い
    (ペンも利用する)
  • やりたいことがiPadで満たせる
    (アプリがある、使うWebサイトが動作する、等)
  • 複数のアプリを頻繁に切り換える必要がない
  • ファンクションキーがなくても、キー操作にストレスを感じない
  • 多少割高であっても、必要とする一通りのグッズがそろえられる
  • どうしても動作しないものは、別途、WIndows/Macで対応できる環境がある

関連リンク

関連記事

iPhoneXSはもともと「eSIM」が備わっております。 先日の記事でeSIMについて記載しましたが、「eSIMを使える端末を所有しているのに、使ってみないというのは何事だ!」、、、ということもあり、実際に契約して使ってみました。 […]

関連記事

久しぶりに、というか、やっと、というか。 しかし、地味に、しっかりとアップデートいただける製品。 それがSONYの電子ペーパー「DTP-CP1(A5サイズ)」「DPT-RP1(A4サイズ)」です。 ※SONYとは何の関係もあり[…]

関連記事

持ち歩きにiPadは便利です。 PCを持ち歩くよりも軽いことが多いですし、SIM搭載モデルなら単体で通信も可能です。 電池の持ちもかなり優秀です。 しかし業務をする上で、Windows機が必要となることがあります。 そん[…]

関連記事

先日、MacBookPro13を購入しましたので、いつものグッズを速攻購入しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://gloria.cool/blog/20190605-buy-macbookp[…]

関連記事

使用しているメイン端末はMacとなりますが、業務上、Windowsも必要です。 Windowsは、Mac上の仮想Windows(Parallels)や小型デスクトップ(Windows)を使っていました。 しかし、Windowsでも高[…]

Apple Support

Boot Camp を使って、Mac に Microsoft Windows 10 をインストールし、Mac を再起動す…

記事情報や役立ち情報を発信します!
>− あなたと共に、未来を創る −

− あなたと共に、未来を創る −

この理念の元、あなたに寄り添い、あなた以上に未来を見据え、その未来に向けてトータルでサポートいたします。
その場限りではない、末永いお付き合いを望んでおります。

あなたの頭脳になりたい。全ては、明るい未来のために。

CTR IMG
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content