MacOS 10.15 Catalinaリリース!32ビットのみ稼働のアプリケーションに要注意!!

ようやく最新のMacOS 10.15 Catalinaがリリースされました!
iPadをサブディスプレイ(液晶タブ化)できるSidecar機能をはじめ、各種機能が追加されております。

しかし、1点注意しないと大ハマリする可能性がありますので、以下はご注意ください。

Catalinaで32ビット稼働アプリケーションは動かない!

Catalinaでは、32ビットで稼働するアプリケーションは動作しなくなります
そのため、ご自身で必須となるアプリケーションが該当しないかをよくご確認の上、Catalinaにアップデートください!

なお、32ビットアプリケーションに対する対処法はなく、開発元が64ビット化対応するか、別アプリを見つけるしかないです・・・

32ビットかどうかは、以下で確認できます。

デスクトップ左上のリンゴマーク>「このMacについて」>システムレポート>アプリケーション
「64ビット(Intel)」が「いいえ」になっているアプリケーションは動作しません。
アプリケーション名からどのアプリか判断つかないこともあるかもしれませんが・・・

なお、Catalinaにアップデートすると「64ビット(Intel)」という項目はなくなっていました。(そりゃそうですかね。)

※なお、64ビットアプリケーションだからといって、Catalinaで完全に動作するかはアプリ次第ですのでご注意を。

"目からウロコの"IT視点を


3分で楽しめるメルマガ『Professional's eye』。
あなたの「デジタル力」がアップします!
送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

バックナンバー

指南書ライブラリ

    >最新情報をお届けします

    最新情報をお届けします

    当サイト『Gloria, Limited』では
    ワクワクする『デジタルお役立ち情報』 を発信しております。

    最新情報をお送りいたしますので是非ご登録ください^^

    CTR IMG