【効率化ツール】【基本設定】iOS「ショートカット」アプリ

マルス〜効率化ツール〜

iOS「ショートカット」アプリ

Apple純正アプリである「ショートカット」アプリはご存じでしょうか。
iOSのセキュリティの高さもあってか、できることにかなりの制約はあるのですが、うまく使うことでかなりのことが自動化できます。

よくある使い方としてはiOSでできる範囲内の処理の自動化(簡略化)となります。
しかし、実は、サーバーへの処理命令やiPhone内でプログラム(Python)を実行させたりすることができます。
また、処理の起動方法として「時間指定」「QRコードを読み込んだとき」「NFCを読み込んだとき」といった指定もできます。

ただし、ショートカットを使うには、正直敷居が高いです。
そもそも作り方が特殊(コマンドの内容や動きが分かりづらい)ですし、プログラミング的な要素も必要となってきます。

そこで、「マルス」では、「ショートカット定義のダウンロード」「コードのコピペ」「ごく簡単な修正」で設定できるようにご提供いたします。
プログラミング的な要素は必要ありません!

利用環境・動作確認環境

  • iOS 14.2.1
  • iPhone 12 Pro Max
  • ショートカット(アプリ)

「ショートカット」を使うための事前設定

1. 「ショートカット」アプリの準備

「ショートカット」アプリがインストールされていない場合、AppStoreからインストールしてください。

App Store

‎Siriショートカットを使えば、1回タップするかSiriに一言伝えるだけで、Appでの作業をすばやく実行できます。“シ…

2. セキュリティ設定

「ショートカット」アプリに、外部のショートカット定義をダウンロードするには、セキュリティ設定を行う必要があります。
(外部のショートカット定義 = 「マルス」でご提供しているショートカット定義)

「設定」アプリ > 「ショートカット」 > 「信頼されていないショートカットを許可」を「ON」にする必要があります。

なお、ショートカットを一度も使ったことがないと、グレーアウトされていて設定できないことがあります。
その場合は、ショートカットアプリ内にある「ギャラリー」から適当な定義を取り込み、一度実行してください。
その後、「ON」にできるようになります。

3. ショートカットでの効率化ライフをお楽しみください!

当サイト内のタグクラウド「iOSショートカット」を選択いただくと、「マルス」でご提供しているツールが確認可能です。

Gloria, Limited

−あなたと共に、未来を創る−…

なお、ショートカットの実行方法も色々とありますが、代表的なものを記載いたします。

「ショートカット」アプリ内から実行

赤枠内あたりをタップしてください。
(ズレると、編集画面になります)

「ウィジェット」から実行

iOS14から利用可能になった「ウィジェット」にも配置可能です。
ホーム画面から実行できるので、かなり便利です!

「Siri」から実行

『「ショートカットの名称」を実行して』とSiriに話すと、実行することができます。

例)『バッテリー残量を実行して』

「Apple Watch」から実行

「Apple Watch」内にある「ショートカット」アプリからも実行可能です。

>最新情報をお届けします

最新情報をお届けします

当サイト『Gloria, Limited』では
ワクワクする『デジタルお役立ち情報』 を発信しております。

最新情報をお送りいたしますので是非ご登録ください^^

CTR IMG