【トラブル(解決済?)】プチ暴走:プロセス「accountsd」が終わらない

MacBookProの筐体がひん曲がってから、ファンの音が続くとドキリとする人になってしまいました。

関連記事

メインで使用している「MacBookPro2018 15インチ」ですが、「文字入力に極度の遅延が発生」「時折マシン全体が重い」「CPUファンが回りっぱなし」という症状に悩まされるようになりました。 「排熱の問題」である感はありますが、[…]

そんな中、またファンが鳴り続ける事象が発生しました。

発生環境

  • MacBookPro(2020) 13インチ 4ポートモデル
  • macOS 10.15.7 Catalina
  • macOS 10.15.7にアップデート後、何度か再起動したら発生

発生事象

マシン起動後、突如としてファンが全力で稼働。
アクティビティモニタを見たところ、「accountsd」というプロセスがぶん回っていて、30分以上経過してもおさまりません。

クアッドコアのハイパースレッディングタイプですので、MAX 800%まで使用できますね。
余力は残った状況でしたので、マシン全体が重い、といった動作ではありませんでした。

なお、「accountsd」は何をしているかと言うと、iCloudとの同期などを司るプロセスのようです。
変にキルすると、危なそうですね。

対処法

再起動すると、一旦落ち着きました。

再発するかどうかは不明ですが、再起動するとおさまるならまあよいか、、、というところでしょうか。

CPUをぶんまわすのは電力にもよくありませんので、本当、勘弁して欲しいですね、、、

"目からウロコの"IT視点を


3分で楽しめるメルマガ『Professional's eye』。
あなたの「デジタル力」がアップします!
送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

バックナンバー
テキストエディタ

    >最新情報をお届けします

    最新情報をお届けします

    当サイト『Gloria, Limited』では
    ワクワクする『デジタルお役立ち情報』 を発信しております。

    最新情報をお送りいたしますので是非ご登録ください^^

    CTR IMG