【メルマガ】ちょっと待った!脆弱性に対応していない機器を使い続けていませんか?(2021年05月11日)

脆弱性ネタに事欠くことはないと言い切れるくらい、日々新しい問題が発生しています。

ゼロデイ状態(脆弱性があるが、まだ対策プログラムがない状態)は仕方ない部分があるとしても、
それ以外に気をつけるべきことがあります。

サポート切れの機器に要注意!

脆弱性対策の基本は「最新のバージョンに上げること」。

しかし、サポート切れの機器に対しては、新しいバージョンが出ません。

例えば、「BUFFALO(バッファロー)」のルーター」。
お使いの方も多いのではないでしょうか?
(私も過去、よく利用していました。)

先日、脆弱性が発見されましたが、古い型番のルーターは対策版プログラムが出ません。
公式サイトにも「当該製品のサポートは既に終了しているため、恒久的な対策として、製品の使用を停止することを推奨します。」と記載されています。

お使いのルーターが該当していないか、ご確認ください!

株式会社バッファロー

ルーター等の一部商品におけるデバッグオプションの脆弱性とその対処方法に関するサイト。セキュリティーに関するお知らせのコン…

対策は、新しいルーターに買い換えるしかありません。

DELLのPCにおいても・・・

こちらもつい先日ですが、デル製PCでも脆弱性が発見されました。
(対象は数億台規模らしいです)

2009年から存在している脆弱性のようです。

Dell Security Advisory Updateにて対策できるようです。

できることは。

ネットワークに接続する、「サポート切れの機器」は使い続けない。
機器は最新のバージョンにしておく。

あまり深く考えずに、そのように行動するのが楽ですね。
(もちろん、業務用途によってそうはいきませんが。。)

メルマガ登録


週1回、3分で楽しめるメルマガ『Professional's eye』。
あなたの「デジタル力」がアップします!

"目からウロコの"IT視点を、どうぞ。
送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

One more thing

DELLのPC、私もよく購入します。

昔は「安いから」でしたが、最近のフラグシップ機はデザインもイケてます。

良いものを長く使う・・・という考え方もありますが、今回のように、サポート切れは意識して選択しないといけないですね。

1年以上前の機種ですが、まだまだサクサク動きます。

関連記事

使用しているメイン端末はMacとなりますが、業務上、Windowsも必要です。 Windowsは、Mac上の仮想Windows(Parallels)や小型デスクトップ(Windows)を使っていました。 しかし、Windowsでも高[…]

バックナンバーを見る

>最新情報をお届けします

最新情報をお届けします

当サイト『Gloria, Limited』では
ワクワクする『デジタルお役立ち情報』 を発信しております。

最新情報をお送りいたしますので是非ご登録ください^^

CTR IMG