【購入】iPhone13 Proのおとも(オススメのアクセサリー)

iPhone13 Proのオススメ アクセサリー。

定番モノをとりあえず買いそろえました。

MagSafe系はiPhone12で使用していたものをそのまま使い回せますので、便利ですね。(エコでもありますね!)

ガラスフィルム

NIMASO ガラスフィルム

ガラスフィルムは、全面タイプがお気に入りです。
(ノッチ部分もガラスで覆われるタイプ)

理由は、覆われていないと埃が目立つためです。

いつもよく購入している、装着ガイド付きのNIMASOのガラスフィルムを購入。

ケース

Apple純正 レザーケース

色々とケースを購入しますが、なんとなく落ち着いてしまうのが「Apple 純正ケース」。

iPhone12の時も、最後はずっと純正ケースを使っていました。

今回は「ゴールデンブラウン」をチョイス。

Spigen ストラップ穴付きケース

「カメラ」として使用する場合、首掛けストラップをすることで相当使い勝手が上がります。

ということで、ストラップ穴付きケースも用意しています。

Spigenのケースを選びましたが、MagSafeケースではないのでその点はご注意を・・・

ストラップは、紐部分が着脱できるいつものカラビナリングを利用です。

MagSafe スマホリング

emGMOLPHY スマホリング

MagSafeにつけられるスマホリングです。

マグネットなので、取り外しも簡単。
以前から利用しているモノをそのまま使い回しです。

MagSafeはコレがいいですね!

※ちなみにこのスマホリング、記事を見ていただいた後、かなり購入いただいているようです。便利ですよね!

関連記事

iPhone12から搭載された「MagSafe」。 本体背面に磁石が入っており、対応するグッズがピタリと付けられる機能ですね。 「MagSafe充電ケーブル単体」は何の魅力もなかったため購入を見送りましたが、「MagSafe」を生か[…]

モバイルバッテリー

Baseus MagSafe対応 モバイルバッテリー

大容量 10000mAhのMagSafeモバイルバッテリーです。
残量表示できるのが気に入っています。

充電不足で外出する時に、サッと持ち運べる優れものです。

ただし、iPhone13 Proの場合、MagSafe充電は「ケースによってはカメラ部分と干渉する場合がありそう」です。
(素の状態だと大丈夫です)

もちろん、モバイルバッテリー本体についているケーブル接続は問題ありません。

なお、Macなども持って外出するときは、しっかりとしたモバイルバッテリーを使っています。

関連記事

MacBookProを持ち歩いて仕事をする時に困るのが「バッテリーが切れたらオシマイ」問題。 MacBookProはUSB-C給電に対応しているので専用のアダプタである必要がありません。 他ガジェットも給電できるモバイルバッテリーで[…]

もう1つ、楽しもう

関連記事

iPhone 13 Pro。 本体の質感は素晴らしいのですが、いかんせん、サイドフレーム部分に指紋がつきすぎます。 (ノーマルiPhone13は逆で、背面部分に指紋がつきすぎます) でも、カバーをすると質感の良さがなくなってし[…]

関連記事

毎年恒例のiPhone機種変更対応。 残念ながら、1オペレーションでまるっとデータ移行、というわけにはいきません。 毎回忘れる部分もありますので、手順をメモしておきます。 iPhone12 mini → iPhone13 Pr[…]

関連記事

iPhone12から搭載された「MagSafe」。 本体背面に磁石が入っており、対応するグッズがピタリと付けられる機能ですね。 「MagSafe充電ケーブル単体」は何の魅力もなかったため購入を見送りましたが、「MagSafe」を生か[…]

関連記事

今まで、メインのスマホは指紋認証タイプの「iPhone SE(2020)」を使用していました。 2020年冬に発売された「iPhone12 mini」「iPhone12 Pro Max」も手にしてしばらく使いこみましたので、それぞれの[…]

iPhone12 mini、12 Pro Max、SE(2020)
               
           

  Web非公開の情報もあります・・・👍                

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360
>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG