【芸術】永遠のソール・ライター@Bunkamura ザ・ミュージアム

新型コロナの状況ではありますが、対策はしっかりとされていると判断し、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「永遠のソール・ライター」を見てきましたので、その感想です。
(ガラガラでした。。本当に、大変な状況です。。)

「アンコール開催 ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」の特集ページ…

Who is ソール・ライター?

相変わらず、何の知識もなく見に行きました。
写真家の方だそうです。

本展示も、写真がメインでした。

(Wikipediaより)
ソール・ライター(Saul Leiter、1923年12月3日 - 2013年11月26日)は、アメリカ合衆国の写真家・画家。

(Bunkamura公式サイトより)
“カラー写真のパイオニア”として、独自のアングルでニューヨークの日常を撮りつづけ、近年その魅力が再評価された写真家ソール・ライター。

感想

自分も写真は好きでよく撮影しますので、純粋に「どのような写真なんだろう」と思って鑑賞しました。

ガラスや鏡をうまく使った作品が多く、また「自分だと失敗写真だなぁ」と思うものでも作品として展示されていました。
そういう意味だと、「写真」というよりは「芸術」という意味合いが強いだと思います。

おそらく、池といった水を使った反射作品はあまりなかった気がします。
古いカメラだとシャッタースピードがかせげないので、撮影が難しかったのでしょうか。

しかし、昔の「モノクロ写真」というのは味わい深く、自分でもモノクロ撮影したくなりますね。
やはり、定期的に芸術に触れるのは良いものです。

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360

    >【発売中】情シスの定石(技術評論社)

    【発売中】情シスの定石(技術評論社)


    情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

    ・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
    ・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
    ・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

    ■ こんな方にオススメ
    現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
    部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
    経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

    CTR IMG