【芸術】リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展@Bunkamura ザ・ミュージアム

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」を見てきましたので、その感想です。

「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展」の特集ページ…

What is リヒテンシュタイン?

以前、Bunkamuraに行った時と同様、何の知識もなく見にいきました。笑

(Bunkamura公式サイトより)

現在世界で唯一、家名が国名になっているリヒテンシュタイン侯国は、今年建国300年を迎え、かつて神聖ローマ皇帝に仕えたリヒテンシュタイン侯爵家が統治しています。
アルプスに抱かれた小さな国土にはライン川が流れ、大都市の喧騒とは無縁な穏やかな時間が流れています。
この国は現在金融業などが盛んで、小さいながら世界屈指の豊かさを誇りますが、昔から侯爵家は代々領地経営に成功して富をたくわえ、皇帝にも貸し付けを行うほどでした。
その富を背景として積極的に収集した美術作品により、現在のコレクションが形成されていったのです。

以前、Bunkamuraで拝観したのはこちら。

関連記事

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ−線の魔術」を見てきましたので、その感想です。 [adcode-start] Who is ミュシャ? 1ミリも予備知識なく見にいき[…]

感想

ざっくりな感想で恐縮ですが、「洋風だなぁ」という感想でした。笑
絵画や食器の展示がなされていましたが、自分の中でいわゆる「洋風」として思っている芸術そのものでした。

素晴らしい作品ばかりだとは思いましたが、こういった作品に囲まれて生活することを考えてみた時「自分にはなんだか窮屈かもなぁ、、、」とも感じました。
書道のような「和」なものが飾ってある方が落ち着く気がします。(飾ってませんけどね。)

Bunkamuraは、大抵1部屋くらい、カメラOKの部屋があるので面白いですね。

芸術には疎いのであまりうまく表現できませんが、定期的にこういった芸術に触れるのもいいな、と思います。

最新情報を受け取る


当サイト『Gloria, Limited』では、「ガジェット情報」「ITトラブルシューティング」「ITへの深い知見」など、様々なお役立ち情報を発信しております。

見逃さないためにも。
メールアドレスをご登録ください^^

登録者限定のお得情報も!?

送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

指南書ライブラリ

    >指南書ライブラリ

    指南書ライブラリ

    一歩踏み出す、その前に


    弊社の知見を活かした、冊子集。
    そんな"極意"を、是非お受け取りください!

    CTR IMG