【メルマガ】「ことら」の勝利はどこに?(2022年08月16日)

「銀行」が主体で構築しているサービス多頻度小口決済インフラ「ことら」。
2022年10月11日にサービスインするとのプレスがありました。

「ことら」って?

メガバンクが中心となって提供するサービスです。

  • メガバンクが中心となり設立された「ことら」がサービスを提供
  • 10万円以下の送金が簡単に可能
  • 送金手数料が無料のケースも
  • スマホで送金可能、相手のアプリを気にせずに送金可能
  • 預金口座番号での送金だけでなく、携帯電話番号やメールアドレス宛の送金も可能
    (口座番号を教えずに送金が可能)

「ことら」のメリットは?

まだサービスインしていない & 実際に使っていない ため、評価が難しいところですが、、、
銀行振込よりも手数料が安いケースがあるかも、くらいかもしれません。。

「PayPay」や「LINE Pay」などでも、個人間の送金は可能です。
(割り勘の時とか、すごく便利ですよね!)

さらに、これらの送金手数料は無料です。

しかし、「PayPay」で送金する場合、相手も「PayPay」を作る必要があります。
意外と「PayPay」を持っていない・普段使いしていない という方も多く、送金できないケースもあります。

「ことら」は銀行口座ベースですので、持っていないというケースはまずないでしょう。
(特に日本においては、銀行口座を持っていないケースはほぼ皆無でしょう。)

「送金先の(登録)準備状況に依存しない」というメリットがあるかもしれません。

ただし、「ことら」のサービス詳細がまだよく読み取れません。。
「受取にもことらへのユーザー登録が必須」であるとしたら、「相手側の準備不要」というメリットはないのかもしれません。

正直、かなり後発なサービスです。
こうした場合、「良いとこ取り」+「事業資産」を活かした「王者の戦略」を取るのが勝利への道ですが、仕組み的にあまり見えてきません・・・
(私が見えていないだけかもしれません。)

※なお「ことら」は個人間送金です。法人は使えないのでは・・・?と思います。

「ことら」がサービスインしましたら、また詳細を確認したいと思います。

メルマガ登録


週1回、3分で楽しめるメルマガ『Professional's eye』。
デジタルに詳しくなり、さらにはご自身の意見が持てるようになります!

送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

バックナンバーを見る

               
           

  Web非公開の情報もあります・・・👍                

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360
>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG