【メルマガ】メールの安全性とプライバシーの関係は?(2021年10月12日)

Eメール。
(今さら、わざわざ「E」をつけることも少なくなりましたね。)

便利ではありますが、セキュリティやプライバシーを考えた時に、扱いが難しい問題もあります。

今回は、メールについて考えてみます。

メールにおいて気にする情報は何がある?

メールの利用用途は様々ですが、セキュリティやプライバシー観点だと、以下のような情報が気になるでしょうか。

  • 何かのサービスのアカウント情報(パスワード含む)が書かれている
  • 購入時の内容が書かれている
  • 機密情報がある

一番普及しているGmailの場合

2年ほど前ですが、「Googleが外部企業にGmailを読ませている事が発覚」と話題になりました。

こちらの真偽はやや不明ですが、「同社の従業員が、ユーザーのメールを読む場合もある(限定的なケースのみ)」と回答しています。

しかし、これは、仕組み上「メール見ようと思えば見れるよ」と言っていることと同義です。

その他のメールサービスはそこまで話題にはなりませんが、メールボックス(メールの送受信を行う機能)がサーバー側にある以上、なんとでもなる、ということが想像つきます。

では、どうすれば・・・

とは言え、メールを全く使わない、ということは困難でしょう。

「メールは見られている」という前提に立ち、具体的には以下のような対策をしてリスクを軽減することでしょうか。

パスワードがメールに記載されている

アカウント発行時の初期パスワードなどがよくあるケースですね。
必ずパスワードを変更しましょう。

購入内容が蓄積されて分析される

複数のメールアカウントを使い分けましょう。
個々の購入内容は見られてしまうかもしれませんが、全体像は把握できなくなります。

機密情報がある

メール以外のセキュアな手段を使うか、メールに添付するとしても暗号化して渡しましょう。
(メールに復号できる情報を含めてはダメですよ。)


デジタル技術の発展とともに、今までできなかった「全てを監視する」ことができる時代が近づいてきました。

その根本的な対策は「情報を発しない、提供しない」ことかもしれません。

メルマガ登録


週1回、3分で楽しめるメルマガ『Professional's eye』。
デジタルに詳しくなり、さらにはご自身の意見が持てるようになります!

送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

バックナンバーを見る

>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG