【メルマガ】プライバシーと広告のバランス(2022年04月26日)

ネットにおける「トラッキング」。
昨今、様々なところで議論がなされています。

基本的に、トラッキングしたい理由は「ユーザーの行動を把握し、商売に結びつける」ため。
マーケティング的な側面が強く、大きなものは「広告」でしょう。

※本当に個人をトラッキングしたい悪意のあるケースもあるでしょうけど、ここでは割愛します。

そんなプライバシーに関わるデジタル界の動きを、3点ほどご紹介いたします。

「Google Analytics」がサービス終了

Webサイトのトラッキングといえば「Google Analytics」。
無料で高機能と、ライバルサービスを全て駆逐し、王座に輝きました。

しかし、(様々な情報を組み合わせた)トラッキング精度が高くなりすぎ、非難の声が高まっていました。

Googleが提唱した次なる仕組み「FloC」」も、非難の嵐。

関連記事

Google広告。 表示精度を高めるために、あの手この手で様々な情報を集めてきました。 メイン技術であるCookie利用が行き詰まる中、「FLoC」という仕組みが提案されましたが、総スカンに。 そのため、次の仕組み「Top[…]

そんな先行きが不透明な中、正式に「Google Analyticsのサービス終了」が宣言されました。
(2023年7月1日サービス終了)

すでに後継の「Google Analytics4」がリリースされており、こちらに移行するようにアナウンスされています。
(同時稼働可能です)

個人的には「なんだかんだとずるずるサービスが続くのでは・・・」と思っていましたが、想像以上の風当たりなのでしょうか。
※廃止の理由は、もちろん非難の声だけではありませんが。

広告ブロックブラウザ「Brave」の利用

ブラウザといえば、Chrome、Microsoft Edge、Firefox、Safariあたりが(名前的に)メジャーですが、「Brave」というブラウザもあります。

広告ブロッカー標準搭載のブラウザです。

技術ベースは「Chromium」となりますので、Chrome、Edgeと同じとなりますね。

そんな「Brave」の利用者が倍増しているようです。

GIGAZINE

広告ブロック機能を標準搭載したプライバシー重視のブラウザ「Brave」が2022年1月5日に、月間アクティブユーザー数が…

度を超えた広告が多くなってきているということでしょうか・・・?

Appleのトラッキングブロック「ATT」の許可が大幅増加?

iOS14で導入すると話題になり、Facebookが公然とクレームをいれていた仕組み「ATT」。
アプリがトラッキングするには、ユーザーの許可が必要、という仕組みですね。

関連記事

トラッキング。 スマホやPCをどのように使っているかをトレースし、 (一般的には)ターゲット広告に生かす仕掛けです。 先日リリースされたiOS14.5において、 ついにATT(AppTrackingTransparency)[…]

「ATT」導入からしばらく経ち、ここにきて「ATT」の許可を選ぶユーザーが増えているとの情報が出てきました。

iPhone Mania

  AppleがiOS14.5で、サードパーティーアプリによるトラッキング要求を許可するかどうかユー……

この状況の推察として
「パーソナライズされた広告を受け取ることに「価値」を見出すユーザーが増えた」
と述べられています。

トラッキングはされたくないけど、あまりにも的外れの広告を見せられるのは苦痛、というところで揺れているのでしょうか・・・

広告は悪か?

至る所で広告を目にするので、邪魔ではあります。
それは間違いありません。

しかし、広告があることで無料でサービスを享受できたりもするわけです。

現状は、プライバシーと広告のバランスが崩れてきているということでしょう。

個人的には「広告を見た人自身が対価を得られる」仕組みができていけばよいのでは、と思っています。

拒否する人間に無理矢理広告を見せるのは、基本的には逆効果です。

であれば、広告を見るにしろ、

  • ある程度自分自身でジャンルを選べるようにする(トラッキングしない形で)
  • 広告を見たら、対価(極端な話、小銭)を得られるようにする
  • (広告を見ないなら、その分のサービス料を払う)

といった形が作れるとよいのではないでしょうか。
(もちろん、すでにそうした形で成り立っているサービスもあります)

お金で時間を買うか、時間でお金を得るか、、、のお話ですかね、結局。

メルマガ登録

"意見が持てる" デジタルコラム
『メルマガ Professional's eye』

週1回、3分で楽しめます。


詳細はこちら >>>
送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

バックナンバーを見る

>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG