【製品レビュー】Apple Watch 6の進化は期待外れ?(製品自体の完成度は高い)

毎年、恒例のように買い換えている「Apple Watch」。
今年は「Series 6」ということで、6代目のApple Watchです。

ある程度長目に利用できるApple Watchですので、1世代ごとのモデルにあまり大きな進化はありません。

そんな、そこまで代わり映えのない「Apple Watch」ですが、「Series 6」を使用開始してしばらく経ちましたので、製品レビューをいたします。

Apple Watch Series 6

主に「Series 5」との違いのレビューになります。
「Series 5」のレビューは下記をご参考ください。

関連記事

実は、AppleWatchは初代から毎回購入し続けています。 初代を購入したのは発売から1年以上経過してからだったと記憶していますが、それからは毎年発売開始と同時に購入しています。 一部は売り払いましたが、寝るときに装着するなど、実は複[…]

気に入った点

バンドは使い回し可能

Apple Watch初代からのお話ですが、やはり、バンドが使い回しできるのはよいですね。
資産が有効活用できます。

電池の持ちは、個人的には困らない

「Series 5」よりも電池の持ちがスペック上はよくなったようで、実際によくなっているようです。

個人的には「Series 5」でも困っていませんでしたので、電池残量が気になったことはないです。
なお、常時表示Retinaディスプレイも使用しております。

ただし、私は「2本使い」であり、昼間と夜間で「Apple Watch」を付け替えてつかっています。
「WatchOS 7」の睡眠アプリについても、夜間に使用するフル充電状態の「Apple Watch」で稼働しますので、22時間は装着していたい・・・といったシーンはありませんので、ご注意ください。

残念な点

一番ウリにしていた「血中酸素ウェルネス」の意味が分からない

今回、Appleの公式サイトでも、Apple Watch Series 6 の一番最初に記載されているのが「血中酸素ウェルネス」という新たなセンサー。
血中酸素を測定できるセンサーですが、医療用ではない、と明記されております。

このセンサー、実測したところ、測定値のバラツキがひどいです。
連続で測定してみましたが、このブレ幅です。

また、測定が非常に難しく、Apple Watchをほぼ完璧に密着した形で装着し、安静にする必要があります。
少しでも動いてしまうと、ほぼ失敗します。

色々と使ってみた感覚ですが、バンド「ミラネーゼループ」のように、しっかりと密着できるタイプのバンドだと成功率が高いです。
皮バンドやスポーツバンドなど、少し浮いてしまうような締め具合だと、失敗することが多いです。

「血中酸素ウェルネス」アプリを起動しなくてもバックグラウンドで測定させることも可能なのですが、こういった測定の難易度から、バックグラウンドでの測定はほぼできていません。
(ヘルスケアアプリを見ると、たまにバックグラウンドで成功しており、データを見ることができます。データを見ると「バックグラウンド」での測定だと判別することができます。)

そもそも、この測定精度&バックグラウンドでの測定が壊滅的な状況から、一体何を提供しようとしていたのかが分かりません。

医療用ではないにせよ、あまりにデタラメな値が出ていては何の判断もできませんし、バックグラウンドでも動作できていない時点で、何かを促すこともできません。
「Series 6」としてのウリがこれしかなく、出さざるを得なかった感をものすごく感じます。

ちょっとこのデキはひどいですね。

それ以外の違いはほぼなし

CPUが少し速くなった。画面が明るくなった。バッテリー持ちがよくなった。
などはあるようですが、正直、違いを感じません。

Apple Watch 6ではありませんが

同時発売されたバンド「ソロループ」も、結構ひどいお話だと思います。
こちらは、必ず実店舗でお試しください。

関連記事

Apple Watch6が発売されましたね! もはや恒例行事的に購入したのですが、バンドは今回新しく出た「ブレイデッドソロループ」を選択しました。 しかしこのソロループ、仕掛けは面白いのですが、サイズの選択が非常に高難易度です。 […]

関連記事

Apple Watchの新作バンド「ブレイデッドソロループ」のサイズが合わなかった問題。 当初「Apple Watch本体」も一緒に返品となるという謎仕様でしたが、クレームが多かったのか、バンドのみで交換できるようになった、という情報があ[…]

評価

評価:★★★☆☆

Apple Watch Series 6 のみを考えると、★5のデキです。
「Series 5」と「Series 6」を比べると、★3のデキでした。

顔認証や指紋認証でロックが外せる、など、そういった利便性の面で向上してほしかったところです。

「Apple Watch Series 3」以前であれば、買い換える価値あり。
「Apple Watch Series 4」で、常時表示Retinaディスプレイを使いたい方は買い換える価値あり。
「Apple Watch Series 5」の方は、買い換える必要なし。

それだけApple Watchは完成度が高いということであり、スマートウォッチの完成度として考えると相当優れている製品だと思います。

若干酷評気味ですが、ほぼ24時間装着しておりますし、愛用しております。
無理に1年ごとに新製品を出す必要はないのでは、、、と思ってしまう、「Series 6」のデキでした。

関連リンク

関連記事

実は、AppleWatchは初代から毎回購入し続けています。 初代を購入したのは発売から1年以上経過してからだったと記憶していますが、それからは毎年発売開始と同時に購入しています。 一部は売り払いましたが、寝るときに装着するなど、実は複[…]

関連記事

Apple Watch6が発売されましたね! もはや恒例行事的に購入したのですが、バンドは今回新しく出た「ブレイデッドソロループ」を選択しました。 しかしこのソロループ、仕掛けは面白いのですが、サイズの選択が非常に高難易度です。 […]

関連記事

Apple Watchの新作バンド「ブレイデッドソロループ」のサイズが合わなかった問題。 当初「Apple Watch本体」も一緒に返品となるという謎仕様でしたが、クレームが多かったのか、バンドのみで交換できるようになった、という情報があ[…]

記事情報や役立ち情報を発信します!
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content