【トラブル(解決済)】macOS Big Sur(11.4→11.5) アップデート失敗・・・

macOS 11.5がリリースされましたのでアップデートをしたのですが、うまくアップデートできなかったのか、「macOS復旧」画面になっていました。

幸い、再インストールなどもせずに対応できましたので、ここに残しておきます。

発生事象

macOS Big Sur(11.4 → 11.5)のアップデートをしたところ、勝手にお亡くなりになりました。

アップデートに時間かかるな、と思っていたら、いつの間にか「macOS復旧」画面に遷移していました。

環境

  • macOS Big Sur(11.4)
  • MacBook Air(M1, 2020)

対処法

何が悪かったのかはよく分かりませんが、「ディスクユーティリティ > First Aid」を実行し、再起動すればアップデートが完了しました。

Apple Support

ダウンロード中、準備中、またはインストール中にエラーが起きた、またはインストーラが破損しているか検証できないといったメッ…

Apple Support

ディスクユーティリティの First Aid 機能を使って、ディスクのエラーを検出し、修復する方法をご紹介します。 …

ディスクユーティリティを起動

復旧に入ると色々と選べますので、ディスクユーティリティを起動します。

First Aidを実行

Appleの手順に従い、「First Aid」を実行します。

ボリューム、コンテナ、ディスクの順に修復、との記述がありますので、そちらを守りましょう。

※深い階層から順番に実行する形です。

ディスクユーティリティを終了し、再起動する

ディスクユーティリティを終了すると、「Time Machineから復元」などの画面に戻ります。

ただし、ここでの選択肢は「再インストール」の内容となりますので、画面左上のアップルアイコンから「再起動」を実行します。

アップデートの完了を待つ

なんだかよく分かりませんが、「赤いバー」バージョンでアップデートが再開されました。

そのまま放置していたら、無事にアップデートが完了しました。

頻繁にアップデートが発生する上に、手持ち端末台数も多数・・・

アップデートトラブルは、本当に勘弁してもらいたいものです・・・

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360
>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG