【Synology NAS】SSHによる直接操作手順

利用しているNASの1つに「Synology社」のNASがあります。
ブラウザベースのGUIからの操作もなかなか使い勝手がよく、基本的にはそれで事足ります。
比較的安定していてトラブルもあまりありません。

Synologyは、デジタルワールドで爆発的に増えているデータを収容するために必要な規模で、フラッシュからディスクさらに…

しかし、どうにもうまく動作しないこともあり、NASを直接操作したくなることもあります。
LinuxベースのOSであるため、ターミナルでログインしてしまえば色々と操作が可能です。
その操作の備忘録です。

動作環境

  • Synology NAS DS720+
  • OS DSM 6.2.3(執筆時点最新)

※他のモデルでも、同様の操作で作業可能と思われます。

操作手順

ssh接続の許可

管理者でNASにログイン。
コントロールパネル > 端末とSNMP > SSHサービスを有効化する。 をONにします。

ターミナルでログイン

基本的には普通のLinuxベースと同様です。

#【Macのターミナルで操作】
ssh アカウント名@IPアドレス -p ポート番号

#root権限へ
sudo su

#ログの場所は、基本的には通常通り/var/log
cd /var/log

なお、ターミナルからrootで操作するのはサポート対象外だと思いますので、お気をつけくださいませ。
(rootにアクセスできないメーカーも多いですが、Synology社のNASはガードはかかっておりません。)

なお、Synology社のサポートは結構丁寧に対応いただけますので、まずはサポートに相談でよいかと思います。

               
           

   
株式会社グロリア
石黒直樹
         
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以下も、ぜひご活用ください^^
情シスの定石
メルマガ
Site Access Log by HTTP Header
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360

    >【発売中】情シスの定石(技術評論社)

    【発売中】情シスの定石(技術評論社)


    情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

    ・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
    ・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
    ・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

    ■ こんな方にオススメ
    現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
    部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
    経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

    CTR IMG