【メルマガ】2021年は「祝日法改正」が寸前でしたのでご注意を!(2021年01月05日)

あけましておめでとうございます。
本年も「役に立つIT情報」をお届けしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、ここ数年は祝日の配置に動きがある年が多いですが、今年も動きがありますのでご注意ください。

IT顧問サービス

今年の祝日の移動

オリンピックが延期になった影響もあり、今年もオリンピックを見据えた祝日配置になります。

通常とは異なる祝日の移動は下記となります。

07/19(月) → 07/22(木) 海の日
10/11(月) → 07/23(金) スポーツの日
08/11(水) → 08/08(日) 山の日 ※翌月曜日が代休

改正前のカレンダーもあるようなので、注意

2021年の祝日は「2020/11/27」に参院本会議で可決、成立しました。
そのため、早めに印刷されたカレンダーや手帳(のカレンダー)など、改正前の祝日配置になっているものもあるそうです。

私は紙のカレンダーは使いませんので、手元でそのようなことは確認できませんが、ご注意くださいませ。

システム的な影響は

ここ数年は祝日の移動も多かったため、変更に慣れたシステムも多いと思われますので、大きな問題はないと考えられます。
変更となった祝日の発生もまだ半年後のことですので、対応時間も十分あります。

システム的には、祝日を「定義ファイル」のようなものに持たせておき、そこを書き換えるのが一般的な仕組みですね。
ただし、昔のシステムはプログラム上にコーディングしていることもあり、改修(というよりテスト)に時間を要することもあります。

平日と土日祝で「システムの動きが変わらない」場合はさほど影響がありませんが、例えば金融機関など、営業日/非営業日を強く意識するようなシステムは注意が必要ですね。

もう一つ、ハマりがちなのは、○営業日先の日付を意識してシステムを作る場合です。
例えば、とある情報を登録した時に、100営業日先の日付に何かをするような処理があったとします。
その場合、祝日法改正前後のシステム状態で、100営業日先の日付が変わることがありますよね。
データとして入ってしまっているので、何かしらのケアが必要となります。

一日でも早くコロナ禍の状況がよくなるよう、一人一人、できることをしていきましょう!

メールマガジン

One more thing

まだまだ続くと思われるコロナ禍。
リモート勤務の整備も進んでいるのではないでしょうか。

今はディスクドライブ(DVD等)を利用することは少なくなりましたが、Windowsのリモートデスクトップは、デフォルトではディスクドライブが利用できません。

設定を変えることで利用することができますので、その方法についてです。

関連記事

Windowsを使用する際、メインとして利用しているMacからリモートデスクトップ接続することが多いです。 しかし、リモートデスクトップの標準の設定の場合、実はディスクドライブ(CD、DVD、BDドライブ)にアクセスできません。 デ[…]

バックナンバーを見る

>ホームページ作成を検討中の方へ

ホームページ作成を検討中の方へ

"会話だけ"で
"誰でも"

あなただけの"安く" "効果の高い"
ページが作成できます

その方法とは?

CTR IMG