【iOS13.4】トラックパッド・マウス対応でiPadのビューアー化がさらにレベルUP!!

iPad Pro 12.9インチを使っておりますが、普通にiPadとして使う以外にも色々な情報を表示するダッシュボードとして使っております。
例えば、Google Analyticsのリアルタイムレポートなど刻々と変化する情報表示であったり、メモやドキュメントの常時表示、などに使用しています。

iOS13.4にてトラックパッド・マウスに正式対応したことから、以下のような使い方がさらに便利になりましたのでご紹介です。

石黒直樹
ちょっと贅沢な使い方ですけどね。
一から全てそろえるのはバカげていますが、有効活用できていない機器がありましたら、是非組み合わせて使ってみてください!

使い方

ようするに、写真のような感じでiPadを使っています。
メインディスプレイの横に、ビューアー用として配置。

手元には、iPad用のワイヤレスキーボードとトラックパッド。
(キーボードをまったく使わない時は片づけています。)

電池が切れないよう、MacBook Proにケーブル接続したままになっています。

かなりお気に入りの使い方です ^^

iPad画面に触れずとも、手元で全て操作可能!

全てはこれに尽きます。

私のような画面から少し離れて使う使い方の場合、画面のタッチ操作がかなり億劫なものでした。

手元でマルチタッチ操作もできることで、相当な利便性UPになりました。

※マウスでも操作はできますが、iPadはタッチ操作前提であるため、マウスだけではジェスチャー操作ができず操作性が著しく落ちます。

このような使い方は、発売が待ち望まれるiPadと一体型となる「iPad Pro Magic Keyboard」ではできない技ですし、
MacBookを吊り下げて使うにも本体のキーボードが邪魔になりますね・・・

FaceIDが秀逸

iPad ProのFaceIDは顔面を捉えます。

パスワード認証なども通せるため、かなり便利です。

指紋認証モデルでは実現できない利便性だと思います。

Sidecarを使えば、Macの追加ディスプレイとしても利用可!

普段はiPadのアプリを使って表示していますが、
いざ(?)となればSidecarを使い、MacBookProの追加ディスプレイとして使用できます!

この使い方であれば、iPad用にトラックパッドやキーボードを準備する必要はないですね。

※Sidecarは、Mac&iPadのOS標準機能です。

※「Macの拡張として使いたい時」と「切り離して使いたい時」があり、使い分けています。

グッズ

お気に入りのグッズばかりですので、ご紹介しておきます ^^

iPad Pro 12.9インチを支えるアーム

iPad Pro 12.9インチの重さを支えられるアームです。

12.9インチはかなり重いので、「対応」をうたっているアームを選択されるのがよいと思います。
(華奢なアームだと画面がお辞儀します。)

以下の商品は、ガッチリとキープすることができ、満足しています。

USB-Cケーブル

こだわりがなければ何でもよいのですが、見た目がダサくならないように、コネクタが「L字」型のものを選択しました。

Apple Magic Keyboard

キーボードはBluetoothキーボードであれば何でもOKですが、
iPadでJIS配列キーボードとして認識するにはApple純正キーボードしかないため
Apple Magic Keyboard 一択となります。

Apple Magic Trackpad 2

安価なBluetoothマウスでもとりあえずは使えますが、
予算があるようでしたらマルチタッチジェスチャーが使えるApple Magic Trackpad2がオススメです。

関連リンク

関連記事

Appleが頑なに拒否していた、iPadにおけるトラックパッド・マウス対応。 iOS13.0にて、アクセシビリティとしてマウスが使えるようになったのは話題になりましたが、 iOS13.4で、シレっと正式にトラックパッド・マウスに対応[…]

記事情報や役立ち情報を発信します!
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content