【製品レビュー】SONY電子ペーパー DPT-CP1のベストカバーはこれ!(純正から乗り換え)

マニア向け商品(だと思ってます)、SONYの電子ペーパー DPT-CP1。
マニア向けなのでケースの種類もなく、純正一択状態だったのですが、Amazonに面白そうなケースがありましたので購入してみました。

For SONY DPT-CP1 ソニー デジタルペーパー用 カバー プロテクター ハンドメイド品

気に入った点

立てて置けるところ

これが欲しくて購入しました。

電子書籍を表示してそのまま立てかけておく、というのは意外と便利です。
技術書を表示して横に置いておく、ということはよくやります。
電子ペーパーなので、まぶしくないので書籍向きなんですよね。

分離して使えるところ

画面保護カバーを外して使うことができます。
画面保護カバーとはマグネットで接続します。

純正カバーに比べると、安い

純正カバー DPTA-CC1 は 7400円+税 です。

残念な点

結構重い

本体が240g、それに対してカバーが181g。
重さが倍くらいになります。
純正カバーも130gありますので、そこまで重いわけではないですが。

精度がやや甘い?

専用カバーではありますが、精度はやや甘いです。
が、外れたりするようなことはないです。

ペンホルダーもピッタリではない

ペンホルダーは最初はきつく、使っているうちに緩くなる。
が、こちらも、ペンが外れてしまうほどではないです。

評価

総評:★★★☆☆

製品の質感がちょっと安さを感じる部分はありますが、機能面では大満足です。
純正カバーも買いましたが、今はずっとこちらを使っています。

カバンにエイっと入れても画面は傷つきませんし、ペンホルダーもあるのでペンがどこかにいくこともない。
書く時は、カバーから本体を外して軽量化。
ビューアーとして使いたい時は縦置き。

よくできた製品だと思います ^^

おまけ

(2020/04/06追記)

地味にアップデートを継続いただける製品。そんな製品だと思います。

関連記事

久しぶりに、というか、やっと、というか。 しかし、地味に、しっかりとアップデートいただける製品。 それがSONYの電子ペーパー「DTP-CP1(A5サイズ)」「DPT-RP1(A4サイズ)」です。 ※SONYとは何の関係もあり[…]

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360

    >【発売中】情シスの定石(技術評論社)

    【発売中】情シスの定石(技術評論社)


    情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

    ・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
    ・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
    ・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

    ■ こんな方にオススメ
    現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
    部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
    経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

    CTR IMG