文字入力の効率化を。ATOKで日本語入力ON/OFFを固定化する方法

普段、Macを使っている方がWindowsを使うと「イラッ」とするのが、文字入力モードの日本語入力ON/OFFの操作だと思います。

Macは(JIS版キーボードであれば)「かな」「英数」ボタンがあり、「かな」を押すと必ず日本語入力に、「英数」を押すと必ず英数字入力になります。

「必ず」という点がポイントで、どのモードになっているかを気にしなくてよいということです。
日本語入力したいと思ったらとりあえず「かな」を押してから入力開始する。
英数字入力したいと思ったらとりあえず「英数」を押してから入力開始する。

Windowsのキーボードの場合、「半角/全角」ボタンがキーボード左の方にあるかと思いますが、これはON/OFFボタンなので、どちらのモードになっているかを意識して使用する必要があります。
ありえない・・・

この操作をしたいがために、iPad ProのキーボードもJIS版キーボードを購入しています。

ATOK(Windows)での設定方法

以下の方法でキー登録が可能です。

Windowsのタスクトレイにあるアイコンを右クリック > ATOKメニュー > プロパティ(環境設定) > 「キー・ローマ字・色」タブ > スタイル一覧から現在使用中のスタイルを選択して「キーカスタマイズ」

「日本語入力ON」の文字未入力の部分を変更 (「キーボードから変更」で、「かな」キーを押すのが一番楽です)
「日本語入力OFF」の文字未入力の部分を変更 (「キーボードから変更」で、「英数」キーを押すのが一番楽です)

これで、Macと同様の操作が実現できました。

               
           

  Web非公開の情報もあります・・・👍                

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360
>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG