【手順】BOOX 電子ペーパーで強引に物理キーを追加してページめくりする方法(Android11)

電子ペーパーの雄、BOOX。
電子ペーパー好きの私は様々な端末を試しています。

電子書籍を読むのが目的ですが、物理的なページめくりボタンの有無で使い勝手が大きく変わります。

物理ボタンですので本体にないとどうしようもないのですが、強引に実現する方法をご紹介いたします。

物理ボタンの追加方法

Bluetooth経由で物理キーボードを追加することができます。

キーボードでもよいのですが、メディアボタンのような、ボリューム、曲の操作ができるようなボタンも存在します。
今回は、このSatechiのボタンを使った方法をご紹介いたします。

「Kindle」アプリの場合

Kindleアプリ自身に、ボリュームキーを使ってページめくりをする機能があります。

ですので、基本は上述のボタンをBluetooth接続するだけでOKです。

「Xodo PDFリーダー & エディター」アプリの場合

ここでは私が愛用している「Xodo」をベースにお伝えします。

The all-in-one document scanner for PDFs: scan, edit & compr…

Xodoのように、ボリュームキーでのページめくりに対応していないアプリでも、キーボードの何かしらのキーで操作できるアプリであれば、同様の方法で実現可能です。

Xodoの場合、「PageDown」「PageUp」キーでページめくりができます。
つまり、SATECHIボタンに対して強引に「PageDown」「PageUp」キーを割り当てれば、ページめくりが実現できるということになります。

「Buttom Mapper」というアプリと、その設定をするためにWindowsマシンがあれば実現できます。
Windowsマシンは、設定時に必要となります。

まず、利用する端末に「Button Mapper」をインストールします。
今回の機能を使うには、アプリ内課金(370円)が必要となります。

Remap hardware buttons to launch any app, shortcut or action…

Button Mapperを使うことで、任意のキーに設定を変更することができます。

設定方法は下の記事が分かりやすいため、拝借いたします。
ご参考ください。

SMART ASW

電子ペーパー搭載のAndroidタブレット「Boox Nova3 Color」を購入して、かなり満足しているん……

以下がButton Mapperのキー設定対応一覧です。

Xodoの場合、ページ送り = 93、ページ戻り = 92 です。
任意の物理ボタンに、この数値を割り当てましょう。

一度セットアップしてしまえば、以降はBluetooth接続するだけでOKです。


なお、通常のAndroidスマホですとボリュームキーはあると思いますので、Satechiボタンのようなものを使わなくとも、本体のボリュームキーの割当を変更すればOKです。

快適な電子書籍 読書ライフを楽しみましょう!

※ご回答希望の場合は、ご連絡先も記入ください
"意見が持てる" デジタルコラム
絶賛配信中!

メルマガ詳細はこちら >>>

送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。
   
         
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以下も、ぜひご活用ください^^
出版物
ITmedia
メルマガ
Site Access Log by HTTP Header
>情報システムの

情報システムの"教科書"本を発売中!


■ 情シス、システムコンサルタント、システムエンジニアの方へ
情シスの定石(技術評論社)

■ システムエンジニア、情シスの方へ
システム設計の教科書(技術評論社)

CTR IMG

株式会社グロリア ご紹介