【メルマガ】COCOA、撤退戦(2022年09月27日)

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の機能を停止する方針が発表されました。

デジタル庁、ひいてはデジタル大臣は、こうした判断を下すのが仕事です。
アピールの仕方にもよりますが、大切なことは実施されているのではないのでしょうか。

今回は、そんなCOCOAの撤退戦を考えてみます。

何が悪かったのか

「何が悪かったのかしっかり総括し、次のパンデミックにつなぐ必要がある」と、至極真っ当なコメントをされています。

今回、悪かった点は多大にありそうです。

・開発費用、中抜き等の問題
・不必要な外野
・責任不在の体制
・スピード感と品質のバランス
・Apple、Googleの新しい試みとなる仕組み(接触通知)へのトライ
・パンデミック下での働き方
・インストールしてくれない国民
等々・・・
その他にも、関係者ならでは分かる問題もあるでしょう。

ぜひ、どちらかと言うと技術的な観点「以外」の悪かったことをきちんと振り返ってほしいものです。

とりあえずは報告書をまちましょう、なのですが、一番の致命傷は次の観点でしょう。

目的を達成できないフロー

当メルマガでも、COCOAについて何度か述べています。

その中でも、以下が致命的な問題だと考えます。

関連記事

新型コロナウイルス感染症の接触確認アプリ「COCOA」。 まだ記憶にありますでしょうか? アプリアップデートへの意欲はまだあるようです。 COCOAの今後のアップデートとして、厚生労働省が高齢者や障害者にも使いやすいようにする[…]

そもそものフローが破綻している、という観点です。

COCOAに濃厚接触通知が来た時点では、もうタイミング的には手遅れなのです。。

私も濃厚接触者通知を受けたことがありますが、「今さら言われても、(感染していたら)もうばら撒いた後だわ・・・」状態でした。

目的を達成できるフローが作れていない。
システム以前の問題ですが、一番大切なことです。

デジタルなんて、所詮は目的を達成するための手段でしかありません。

撤退戦・・・

話は変わりますが、動いているものを止める、というのもまた難易度の高いことです。

全体の流れの一部を止めることで、他の業務が滞ってしまう。
COCOAからのデータを受けて、何か処理をしているシステムが動かない。

そんなことは容易に起こりえます。

拙著「情シスの定石」でも、「廃止」は難しい・・・ということを語っています。

なお、利用者へのアンケートを実施するとのことで、COCOAのアンインストールはまって欲しい、とのことです。

※今COCOAアプリを触っていたら、プログラムソースコードを置いているGitHubへのリンクが貼られているのですね。
ちょっとびっくりしました。
そんなアプリ、見たことなかったです。
(まったく非難していません)

メルマガ登録

"意見が持てる" デジタルコラム
『メルマガ Professional's eye』

週1回、3分で楽しめます。


詳細はこちら >>>
送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。
※ご回答希望の場合は、ご連絡先も記入ください
"意見が持てる" デジタルコラム
絶賛配信中!

メルマガ詳細はこちら >>>

送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。
   
         
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
以下も、ぜひご活用ください^^
出版物
ITmedia
メルマガ
Site Access Log by HTTP Header
>情報システムの

情報システムの"教科書"本を発売中!


■ 情シス、システムコンサルタント、システムエンジニアの方へ
情シスの定石(技術評論社)

■ システムエンジニア、情シスの方へ
2023年10月7日(土)発売
システム設計の教科書(技術評論社)

CTR IMG

■ 著者 石黒直樹による書籍説明動画