【AWS】Let’s Encryptの作成、手動更新手順(WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic)

いつも微妙な環境差異でSSL更新手順にハマりますので(ヲイ)、備忘録として残しておきます。

当手順はAWS EC2 AMI「WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic」における手順です。
(類似環境であれば、同手順で対応可能かと思います。)

環境

  • AWS EC2(サーバー内にSSL証明書を配置)
  • EC2 AMIは「WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic」
  • SSL証明書はLet’s Encrypt

作業

ドメインは取得済の前提です。

新規作成手順

#EC2にログインし、下記を実行
sudo /opt/bitnami/letsencrypt/scripts/generate-certificate.sh -m 管理用メールアドレス -d ドメイン名

手動更新手順

#EC2にログインし、下記を実行

#nginx停止
sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh stop

#Let's Encrypt更新
#新規作成した時に登録したメールアドレス、ドメイン名を入力
sudo /opt/bitnami/letsencrypt/lego --tls --email="管理用メールアドレス" --domains="ドメイン名" --path="/opt/bitnami/letsencrypt" renew --days 90

#nginx起動
sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh start

関連リンク

関連記事

AWS Lightsailにおいて、Let's Encryptを使ってSSL化しています。(Lightsailサーバ自体にサーバ証明書を直接配置) [sitecard subtitle=関連記事 url=https://gloria.[…]

関連記事

超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」をご存じでしょうか? 先日、弊社グロリアのサイト(当ページが稼働しているサイト)を「KUSANAGI」に移行しました。 石黒直樹 営業上「Webサイトが重要[…]

記事情報や役立ち情報を発信します!
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content