【メルマガ】作業ミス。発生ゼロは難しいが、その質はいかに?(2022年06月21日)

ここ最近、作業ミス系のニュースをよく目にします。

先日も、葛飾区で補助金を過大に支給していたことが発覚しました。

読売新聞オンライン

葛飾区が区内の私立認可保育所に対し、4年間にわたって補助金を過大に支給していたことがわかった。払いすぎた額は数億円規模に…

今回は、こうした作業ミスについて考えてみます。

あらまし

葛飾区で実施している「保育所への補助金」を、4年間に渡って過払いしていることが分かりました。

補助金額の算出のために作ったソフト(おそらくExcel)の計算が誤っていたことが原因のようです。

2018年度から使っていたようですが、2022年3月になって別の職員が誤りに気づいたそうです。
※正しい額の2倍近く払っていたという話もあります・・・

さすがにずさん・・・

特にお金に関する計算において、何もチェックしていないというのはありえないですね。

Excel等とは言え、自動化するのはよいでしょう。
しかし、それが正しく稼働しているのか、当然検証は必要でしょう。

10000歩譲って、Excelの処理内容がよく分からないから検証できない、としたとします。
しかし、Excelなど使う必要はなく、ルールに沿った計算式で計算して突合すればよいだけですね。

現実問題、「100%正しいもの」を作ることは難しいかもしれませんが、
それでも、100%に近づける試作はすべきです。

「他も、何もチェックしていないのではないか」と思われてしまっても仕方がないレベルですね・・・

※さらに、受給者側から「計算がおかしいのでは?」と指摘していたにも関わらず、そのまま続けていたという可能性も浮上しています。
もしこれが事実でしたら、組織として何も機能していないに等しいですね、、、

ミスが発生するのは仕方ないです。
しかし、なぜそうなったのか。

その質如何で、組織の質が浮かび上がってきます。

そもそも論

もう一歩踏み込んで、そもそも「なぜ作業を複雑にする必要があるのか」を考えるべきでしょう。

(根深い問題ではありますが、)今回のケースで言うと、なぜそんなに補助金の算定ルールが複雑になるのか、が問題です。

もちろん、そのようになる言い分は色々とあると思います。

しかし、そのための「事務コスト」などを、無視しすぎです。
そうしたコストの必要性は否定しませんが、不毛なアウトプットのためにコストを使うのは無駄以外何者でもありません。

世の中、課題は山積みです。

本当に解決すべき課題にコストが使えるように、一人一人が意識していけるようになっていきたいと感じます。

メルマガ登録


週1回、3分で楽しめるメルマガ『Professional's eye』。
デジタルに詳しくなり、さらにはご自身の意見が持てるようになります!

送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

バックナンバーを見る

>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG