【メルマガ】LiDARの期待。今は何ができる?(2021年10月05日)

毎年恒例のiPhone発売。

今年のiPhone13は、随分とマイナーチェンジなイメージがありましたが、ひとまず売れてはいるようですね。

さて、今回もProシリーズに搭載された「LiDAR」。
「光を使って距離を測定する」装置ですが、なかなかキラーアプリがない印象。

そんな中でも、使える!と感じたアプリをご紹介いたします。

LiDAR対応機種

念のためですが、現時点、LiDARは以下の端末に搭載されています。
カメラ部分にあります。

  • iPhone13 Pro
  • iPhone13 Pro Max
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro Max
  • iPad Pro(2021)
  • iPad Pro(2020)

計測アプリ

iOS標準でインストールされている、Appleの「計測」アプリです。

その名の通り、寸法が測れますが、これが結構正確。

例)
幅 45.5cm のキーボード → 計測値 45cm
23.5cm * 12cm の封筒 → 24cm * 12cm

もちろん、スキャンする環境にも依存するかと思いますが、厳密さを求めないレベルであれば十分実用。

ちなみに、身長も測定できます。

Polycam – LiDAR 3D スキャナー

App Store

‎Polycamであなたの世界を3Dでキャプチャしましょう! Polycamは、新しいAppleデバイスでLiDARセン…

App内課金もありますが、スキャン、モデル作成など、無料で作成できます。

確認時点では、星4.7(299件)と、かなりの高評価。

これ、面白いのが、スキャンした空間をグリグリできるという点。
(3Dなので、当たり前といえば当たり前ですが・・・)

もちろん、色つき(背景つき?)のデータとなります。

スキャン結果を端末内に保存しておけるので、部屋をスキャンして「こんな感じの部屋だよ」と見せられるのは面白いですね。

360度写真・動画とは異なり、撮影者が含まれないデータが簡単に作れるというのもポイントでしょうか。

なお、iPhoneのLiDARは、最大5mが計測距離のようです。

LiDAR活用がどのように進んでいくのか、楽しみですね!

メルマガ登録


週1回、3分で楽しめるメルマガ『Professional's eye』。
デジタルに詳しくなり、さらにはご自身の意見が持てるようになります!

送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

バックナンバーを見る

>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG