【製品レビュー】タイプライターのようなレトロな心地よさ。「AZIO RETRO CLASSIC」

タイプライターのような高級キーボード。

以前、ヨドバシカメラにて現物が置いてあるのを見て、「このタッチ感、素晴らしいなー」と思っていました。

しかし・・・

キーボードは「テンキーあり」派なのですが、展示されていた品は「テンキーなし」のみ。

ネットで調べると、色々な種類のキーボードは発売されているものの、基本的には「在庫なし」。
ヨドバシドットコムで調べても、過去に販売された形跡はあれど、再入荷はしなさそうな気配でした・・・
(売り切りなのでしょうか、、、?)

残念、、、と思っていたのですが、運よくフリーマーケットで出会うことができ、入手できました!
(存在を知ってから、1年以上は経過していると思います)

「AZIO RETLO CLASSIC ARTISAN」(MK-RETRO-BT-L-03-JP)

キーボードは相当ヘビーに使いますので、自分が使えるタイプのものでなければ意味がありません。

その条件は以下となります。

  • テンキーがあること
  • JIS配列であること
  • F13キー以降の特殊キーがあること
  • Macベースのキーであること
  • Bluetooth等の無線で使えること(トングル形式でも可)

今回、これらの条件をクリアする「AZIO RETLO CLASSIC ARTISAN」を入手することができました!

※以下のリンクはUS配列、非Bluetoothである可能性がありますので、ご注意ください。

良い点

タイピングが心地よい

この製品の一番の特徴は、これに尽きるでしょう。

もちろん好みによるでしょうけど、私は多いに気に入りました。
やみつきになります。

文字を入力するのがメチャクチャ楽しくなります。
まさに、タイプライターのような使い心地です。

※といっても、タイプライターを使ったことはないので、あくまで「想像の中のタイプライター」となりますが・・・笑

なお、キーの重さは「かなり重い方」だと思います。
軽いキーボードに慣れている方は、かなり重く感じるかもしれません。

REALFORCE(キーボード)で言うと、45g(重い)を使っていますが、それと比べると「やや軽い」という印象です。

ということで、(該当のREALFORCEを使っていますので)感覚としては少し軽くなったのですが、普通のキーボードをお使いの方からすると重いと思います。

タイピングもしっかりと追従

Bluetooth接続で使っておりますが、しっかりとタイピングに反応してくれます。

Bluetoothが切れてしまうようなこともなさそうです。

デザイン、質感が素晴らしい

ものすごく見栄えがよいです。

触るのが楽しくなります。
置いていてもオシャレです。

キーが光るのもカッコイイです。
(オフにすることも可能です)

重い。その分、動かない。

1.5kgほどあります。
さらに、裏面はしっかりとしたゴムグリップ。

ある程度力を入れて押しても、動きません。
タイピングレベルで動くことはないでしょう。

もちろん持ち運びをするわけではありませんので、重いこと自体は全く問題ありません。

キーの形は問題なかった

2点、懸念はありました。

  • キーが丸いので押しづらいのではないか
  • Enterキーが通常のJIS配列よりも小さいため、ミスタッチするのでは

どちらも杞憂でした。
思ったよりも正確にタイピングできていたのでしょうか。

Windows/Macのどちらでも使える

基本はMacで使うのですが、いざ、Windowsで使おうと思った時に、Windows用に変更することができます。

そもそもの認識を変更させることができますし、キー自体の刻印を取り替えることもできます。

キーも、真上に引っ張るだけで簡単に取れます。

とは言え、通常利用でキーが外れるようなことはありません。

残念な点

微妙に、JISではない

私は、数多くの端末、OSを利用します。
そのため「特別なキーボードであっても、慣れればいいや」というわけにはいきません。
できるだけ同じキー配置でないと、作業効率が下がりまくります。

ということで、昔から慣れ親しんでいたということもあり、「JIS配列」のキーボードを使うようにしています。

「US配列」の場合、@や()といった、記号の位置が微妙に異なり、かなりのストレスなのです。

こうしたキーは問題なしなのですが、一部、微妙に違うのです。

¥ や _ だけ、なぜかEnterキーよりも右側にあり、「FNキーを押しながら入力」する必要があります。

US配列を無理矢理JIS配列にしたためでは、とは思いますが、微妙な感じです・・・

まあ、慣れレベルで対応できるかなとは思っています。

「英字」「かな」キーがない

こちらは影響が大きいです。

「英字」を押せば、必ず半角入力モード。
「かな」を押せば、必ず日本語入力モード。

そのように使えるのが、MacのJIS配列の素晴らしいところだと思っています。

しかし、「AZIO RETRO CLASSIC」には、そんなキーは物理的にありません。
物理キーがあれば「ATOK」の設定などで無理矢理 配置の変更も可能でしょうけど、キー自体がなければお手上げです。

購入前から分かっていたとは言え、やっぱりやや不便ですね。

今は違うやり方に慣れようとしているところです。

関連記事

普段、Macを使っている方がWindowsを使うと「イラッ」とするのが、文字入力モードの日本語入力ON/OFFの操作だと思います。 Macは(JIS版キーボードであれば)「かな」「英数」ボタンがあり、「かな」を押すと必ず日本語入力に、[…]

キーボードの高さはヘビー級

一般的なキーボードに比べると、かなりの高さです。

パームレストがあっても「高い」くらいです。
おそらく、パームレストがないとかなり使いづらいと思われます。

正直、ここまで高くなくてよいのでは・・・と思います。
外国の方の手のサイズだと、問題ないのでしょうか・・・?

※ちなみに、写真のパームレストは「FILCO」の摺漆塗りモデルです。

たぶん、ウルサイ(笑)

タイピング音は、まさにタイプライターのよう。

カシャカシャカシャカシャ鳴りまくります。
(そこまで耳障りな音ではないとは思いますが・・・)

使っている自分は心地よいのですが・・・
おそらく、周りの方からするとウルサイと感じるのではないでしょうか。

オフィス等、他人のいる場所で使うのは配慮が必要かもしれません。

入手困難

相当良いモノだと感じますが、手に入りません。
JIS配列となると、日本のお話となるのでさらに手に入りません。

US配列であれば、海外から輸入とかも可能なのですが・・・

評価

評価:★★★★☆

タイプライターのようなキーボード。
思い描いた通りの製品で、満足です。

やや特殊なキー配置、慣れが必要な部分はありますが、それを差し引いても「使いたい」と思わせる魅力があります。

耐久性は不明ですが、触っている限り「かなり頑丈ではないか」との印象です。
(打鍵していても、ビクともしない感触がある)

かなり値の張るキーボードではありますが、末永く使えるのではないでしょうか。

               
           

  Web非公開の情報もあります・・・👍                

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360
>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG