【手順】Macの内蔵ストレージを回復せよ(Time Machine ローカルスナップショットの削除)

Macに標準搭載のバックアップ機能「Time Machine」。

バックグランドで自動でバックアップしてくれるので相当便利ですが、内蔵ストレージを使うケースもあります。

ディスクが一杯になる前には削除されるようですが、ストレージ容量がどんどん減っていくのは嫌なものです。

外付けディスクへのTime Machineバックアップが完了していれば、ローカルスナップショットはそうそう必要ありません。

手動ではありますが、ローカルスナップショットを削除して内蔵ストレージ容量を回復させることができますので、その手順についてです。

※スナップショットは、「1つ前のファイルバージョンに戻したい」といった時に役に立つことがあります。
ローカルスナップショットを削除することで、細かなバージョンが削除されますのでご注意ください。

確認環境

  • Mac mini(M1, 2020)
  • macOS Monterey(12.0.1)

手順

ターミナル.app を使用します。

1. ローカルスナップショットの確認

tmutil listlocalsnapshots /

実行すると、今保存されているローカルスナップショットの一覧が表示されます。

例)

Snapshots for disk /:
com.apple.TimeMachine.2021-10-26-105820.local
com.apple.TimeMachine.2021-10-26-125823.local
com.apple.TimeMachine.2021-10-26-135825.local

2. 一つずつローカルスナップショットを削除

sudo tmutil deletelocalsnapshots タイムスタンプ

例)
sudo tmutil deletelocalsnapshots 2021-10-26-105820

最初はパスワードを求められますので、ログインしている管理者ユーザのログインパスワードを入力してください。

削除したいスナップショットの数だけ、繰り返し作業してください。

結果

私も実施したところ、約169GB → 約 64GB と、約100GBの領域確保に成功しました。

スッキリ!ですね。

削除前:

削除後:

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360
>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG