【メルマガ】Amazonギフト券爆弾?(2021年08月31日)

Amazonギフト券。
ほぼなんでも購入できますので、受けとった方も喜ばれることが多いのではないでしょうか。

しかし、Amazonギフト券利用により最悪の事態を招くこともありますので、ご留意ください。

※最近、ネットでもまた”やや炎上”しています。

何が起きている?

Amazonギフト券を使ったところ、Amazonからアカウント永久BAN(永久にAmazonが利用できない)された、という声がネットにチラチラと上がっています。

Amazon公式においても、以下の説明が公開されています。

不正取得されたギフト券を「使った側」のアカウントが、永久BANされる可能性があります。
転売サイトから購入したギフト券が、不正に入手されたものであった、ということだと考えられます。

BANされると、Amazonでお買い物できない・・・だけでなく、当然アカウントに紐付く全てがパアになります。
今までのKindle本もそうですし、Amazon VideoやAlexa等のサービスも該当すると考えられます。

BAN攻撃可能?

当件、普通に使っているつもりでも被害に遭う可能性があるのではないか、と感じ、今回メルマガにしました。

というのも、普通に「ギフトをもらって使う」場合でも発生する可能性があるためです。

そのギフトの購入元を確認する術はありません。
もしかしたら、転売サイトで購入したものを送ってきているかもしれません。

贈り元を疑うわけではありませんが、贈り元自身が何の悪意もないケースもあるでしょう。

逆の言い方をすれば、悪意を持ってギフト券を送ってBANを狙う、ということも可能なわけです。
(さらに、「えっ。そんなの知らなかった・・・」と言われても、違和感はないですよね。。)

※Amazonギフト券の仕組みに詳しいわけではありませんので、起こりえないようなお話でしたらごめんなさい。

ギフト券、やめます

残念ながら、Amazonはライフラインと化しています。
食らったときのリスクを考え、私はAmazonギフト券を使うことはやめることにします。

よく「ポイント交換サイト」でAmazonギフト券に変えていましたが、最悪時の影響が大きすぎますので、別のものにすることにします。
アカウントに紐付けなくとも使えるようなものか、BANされてもたいして影響のないものにしようと思います。

また、ややこしい話ですので、私自身がAmazonギフト券を贈ることもやめにします。

なお、もし「詐欺的行為をしていなくて」BANされたとしても、アカウントの復活は難しいのが現状のようです。
できたとしても、相当な労力(やりとり)が必要でしょう。

そこまでしてギフト券を使うメリットはないと判断しました。

法律的によいの?

あまり気にしたことがなかったのでお恥ずかしい話ですが、「Amazonギフト券を転売してはいけない」というのは初めて知りました。
(Amazonギフト券細則に、そういった旨の記載があります)

ここで、ふと「ギフト券の転売(現金化)」は法律上ダメなの?と疑問に思いましたので、多少調べてみました。

簡単に調べたレベルではありますが、「(法律上は)現金化がダメ、といった制限はない」ようです。

たまに現金化で逮捕、のようなニュースがありますが、それは「詐欺的行為で取得したものを現金化」「商売レベルにも関わらず免許を持っていない」など、現金化以外の要因で逮捕されているようです。

もちろん、詐欺は絶対ダメです。

しかし、ギフト券はお金(=資産)のようなもの。
それを転売(=現金化)してはいけない、と細則でしばるのは、法律上問題ないことなのでしょうか?

感覚的に腑に落ちません。。
資産の売却を認めない、ということですよね・・・?

もし法律に詳しい方で見解(私見可)がございましたら、ぜひご教示ください!
(ほぼ私の興味本位です)

メルマガ登録


週1回、3分で楽しめるメルマガ『Professional's eye』。
デジタルに詳しくなり、さらにはご自身の意見が持てるようになります!

送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

バックナンバーを見る

>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG