【サービス紹介】複数のクラウドストレージを集中管理「MultCloud」

クラウド利用が当然の時代になってきました。
知らず知らずと、クラウドストレージをご利用されているかもしれません。

Dropbox、OneDrive、GoogleDrive、Boxなどなど・・・

つまるところ似たような仕組みですが、使いたいサービスによっては特定のストレージにしか対応していない、など、どうしても使い分けをしなくてはいけなくなります。

しかし、そうなってくるとデータが散在し、管理がしんどくなってきます。

そんな悩みを解決できそうな、クラウドストレージを集中管理するクラウドサービスがありますので、ご紹介いたします。

クラウドストレージを集中管理「MultCloud」

当記事は「MultCloud」サービスをご提供されているAOMEI Technology社様からご連絡をいただき、ご紹介しております。
実利用はこれから行いますので、別途レビューを行う予定です。
なお、記載内容に対しての指示はなく、全て私の意見、判断で記載しております。

様々なクラウドストレージを1箇所(ブラウザ)から管理し、クラウド間のファイル転送指示やファイル同期指示が行えるサービスです。

以下のような使い方があるのかな、と感じています。

  • 1つのクラウドストレージに集中させて、後は利用用途に応じて使い分ける
  • クラウド障害時に備え、常に2種類のクラウドで同期(もしくはバックアップ)しておく
  • クラウド間の同期は(一般的には)手持ちの端末に2つのクラウドを登録して行うが、MultCloudで代替できる(端末不要)

対象がクラウドストレージのみならず、FTPやWebDAVなどもあり、汎用的な使い方ができそうです。

利用料は「クラウド転送量によって課金」というもの。
30GB/月の転送量まで無料ですので、個人利用だと無料で問題ないかもしれないですね。

「管理」サービスであり「MultCloud」自体にデータを格納するわけではないため、セキュリティリスクも低いように感じます。

「複数のクラウドストレージを使っている」「クラウドストレージあるけど容量余っていてもったいない」といった方は、一度お試しいただくのもアリかと思います。
例えば、Microsoft365(旧office365)ユーザは1TBのストレージがついてきますが、OneDriveを利用しない場合は完全に無駄スペースになってしまっていますからね。。
クラウドストレージ間で直接バックアップできるのであれば、バックアップ用のクラウドストレージとして使う、といった有効活用ができるかと思います。

(2020/07/29追記)
サービスレビューをしましたので、ご参考ください。
関連記事

先日、当サイトでご紹介した「MultCloud」というサービス。 しばらく使用しましたので、サービスレビューいたします。 [sitecard subtitle=関連記事 url=http://gloria.cool/blog/202[…]

               
           

   
株式会社グロリア
石黒直樹
         
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以下も、ぜひご活用ください^^
情シスの定石
メルマガ
Site Access Log by HTTP Header
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360

    >【発売中】情シスの定石(技術評論社)

    【発売中】情シスの定石(技術評論社)


    情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

    ・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
    ・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
    ・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

    ■ こんな方にオススメ
    現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
    部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
    経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

    CTR IMG