【メルマガ】チャットボットも進化。人間としての危機・・・?(2021年08月03日)

「チャットボット」。
さまざまなサイトで「チャット」ができる機能がありますが、その自動応答を可能にする仕組みですね。

そうした「AIチャットボット」の1つ、「BlenderBot 2.0」というオープンソースが公開されました。
(Facebook AI Research提供)

今回は「BlenderBot 2.0」に関してです。
(エージェント指向も・・・)

「BlenderBot 2.0」は何がすごい?

チャットボットの基本的な仕組みは以下となります。

  • 文章を理解する(精度はさておき)
  • 事前に準備(学習)したデータベースから応答をする

つまり、それぞれのチャットに適した内容を準備し、設定していく形です。
また、準備(学習)した時点でのデータとなるため、基本的には、その後に発生した事象に対する応答はできないことになります。

これが「BlenderBot 2.0」だと以下が実現できるとのこと。

  • 会話した内容を記憶し、今後にそれを活かした応答ができる
    (その人固有の情報を覚えておいて、後で使える)
  • 会話中に、バックグランドでググって情報を収集することができる
    (世の中の最新の情報を取得し、活用できる)

これは、各分野ごとに作って行く必要があったチャットボットを、汎用的に使えるようになると意味しています。
より簡単に利用できるようになることが期待できますね。

人間もうかうかしてられない・・・?

「BlenderBot 2.0」の動きは、人間がやっていることに近いと感じました。

また、技術的には精度が上がっていくことは間違いないでしょう。
(データが蓄積されればされるほど、基本的には精度は上がっていく)

そうなると、当然「人間が対応する意味は?」が考えられていくことでしょう・・・

エージェント指向

と、当メルマガを書いていて、「そういえばエージェント指向ってあったな・・・」ということを思い出しました。
かれこれ、もう20年くらい前のことでしょうか。。。

「エージェント指向」の意味は《agent-oriented》ソフトウエアやコンピューターシステムの設計概念の一のこと。W…

「エージェント指向」とはソフトウェア設計の概念の1種で、おそらく、実用化できているプログラミング言語はないと思います。
(違っていたらすいません・・・)

誤解を恐れずにシンプルに書くと、以下のようなイメージになります。
「やりたいこと」を伝えるだけで、「やりたいことを実現してくれる」というイメージ

例えば「ジュース飲みたいなあ」と指示すれば、「ジュースが目の前に用意される」というイメージです。

ジュースをどのように用意すればよいかは、プログラムが解決するのです。
冷蔵庫から取ればよいだけかもしれない。
コンビニに買いにいく必要があるかもしれない。

だけど、プログラムへの指示は「やりたいこと」を伝えるだけでよいのです。
人に依頼するのと似たようなイメージですね。

こういったプログラミングをするのは相当な難易度です。
全てのケースを想定し、それらを実現できるロジックを作り、実装する。
・・・現実的ではありませんね、、、
(現実的に難しいので、実用的な言語がないのですが)

しかし、もし、プログラムがググって、最適と思うやり方を判断して、それを実行できるとしたら・・・
もしかすると、もしかしますね?

メルマガ登録


週1回、3分で楽しめるメルマガ『Professional's eye』。
デジタルに詳しくなり、さらにはご自身の意見が持てるようになります!

送信時点で「Privacy Policy」に同意したものとみなします。
広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。

バックナンバーを見る

>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG