楽天モバイル eSIMをnanoSIMに切替、iPhone等で利用!

楽天モバイルのキャンペーンで「Rakuten mini」を手にしたのですが、使い所が整理つかず、楽天回線がもったいない状態でした。

関連記事

第四の携帯キャリアとなったRakutenモバイル。 スマホ「Rakuten mini」+使い放題プラン「Rakuten UN-LIMIT」を契約すると、「Rakuten mini」が1円で購入できるキャンペーンが開催されました。 […]

切替手数料はかかるものの、まあ試してみるか、と思い、(Rakuten mini以外でも使えるように)SIMの切替を実施しました。

切替手順

切替自体は簡単です。全てオンラインで完結です。

eSIM → eSIM(別端末)の切替も考えたのですが、この切替でもSIM交換手数料が3000円(+税)かかります。
今後も、端末を切り換えるたびにコストがかかってしまいますので、物理SIMである「nanoSIM」への切替を行いました。

楽天モバイル(アプリ)を開き、各種手続きを選択。

SIM交換を選択

nanoSIMであることを確認して「再発行を申請する」

なお、記載の通り、申請すると即回線が一時停止されます。
ご注意ください。

nanoSIMをiPhoneにセット

nanoSIMの到着を待ちます。
申込して2日後の朝に届きました。

基本的には楽天モバイル公式の非公式手順に沿って、設定すればOKです。

iPhone11 Pro で、問題なく認識しました。

が、2点ほどハマりましたのでメモしておきます。

「再発行」しているので、my楽天モバイルでONする必要がある

SIMを指すだけではONになりませんので、my楽天モバイルにてポチっとする必要があります。

元々の主回線の設定を変更

色々なSIM設定を行ったiPhoneでしたので、どう設定すべきか迷いました。

「主回線」の設定より、APN等を楽天モバイルのものに変更すればOKでした。

余談

nanoSIMへの切替を行ったわけですが、SIM、microSIM、nanoSIMの全てに対応する形でした。
nanoSIMに切り取ったとしても、残しておけば「ゲタ」の代わりになりますね。

なお、日曜日の16時頃ですが、通信速度は十分出ていました。

楽天モバイルの威力、試してみたいと思います。

関連リンク

記事情報や役立ち情報を発信します!
>− あなたと共に、未来を創る −

− あなたと共に、未来を創る −

この理念の元、あなたに寄り添い、あなた以上に未来を見据え、その未来に向けてトータルでサポートいたします。
その場限りではない、末永いお付き合いを望んでおります。

あなたの頭脳になりたい。全ては、明るい未来のために。

CTR IMG
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content