【製品レビュー】Rakuten miniの位置づけは何?

第四の携帯キャリアとなったRakutenモバイル。

スマホ「Rakuten mini」+使い放題プラン「Rakuten UN-LIMIT」を契約すると、「Rakuten mini」が1円で購入できるキャンペーンが開催されました。

ホイホイと釣られて(笑)購入しましたので、その目玉端末である「Rakuten mini」、レビューいたします。

レビューの前提

「楽天回線」に対する評価は含まれません。純粋に「Rakuten mini」のレビューとなります。
※コロナの影響もあり、楽天回線の検証はあまり出来ておりません。。

気に入った点

小さい、軽い!!

まずはこれに尽きますね。

ポケットに入れていると、入っていないかの如くです。
(むしろ、入っていることを忘れそうで怖いです。)

現在、メインスマホはiPhoneSE(2020)を使用していますが、
これを遥かに上回るコンパクトさです。

なお、iPhoneSE(2020)よりもやや厚いです。(感覚でも感じます)

顔認証が使える

顔認証が使えるため、以外とロック解除は快適です。

、、、が、セットアップ時にこのような内容が・・・
(メイン端末としては使えないですね・・・これでいいのか、Rakuten、、、)

なお、指紋認証はありません。

テザリングの設定がワンタップ

ホーム画面上に、テザリングON/OFF用のボタンを表示させることができます。
接続中の台数も分かるようになっています。
地味に便利です。

おサイフケータイ機能付

これが「Rakuten mini」のウリでしょうか。
おサイフケータイになります。

iPhoneよりもAndroidの方が「おサイフケータイ」としての幅が広いです。

WAON、楽天Edy、QUICKPay、モバイルスターバックスカード、おサイフライフ+、nanaco、iD、モバイルSuica、JALタッチ&ゴー、モバイルPASMOなどが利用できるようです。

文字入力や使い勝手に問題はなし

もちろん画面は小さいです。

しかし、フリック入力で問題ありませんし、メールをさばく程度でしたら全く問題ないです。

サイズ、スペックからして、ゲームなどは厳しいでしょうね。(私はプレイしないので未評価ですが・・・)

カメラの出っ張りがほぼない

カメラにこだわりをもたない機種であるため、これは正解だと思います。
(ただ、どうせなら完全フラットにできたらよかったのに、、、とも思ってしまいます。)

机に置いた時のぐらつきは全くないです。

ストラップホールがある

なんだか懐かしさを感じましたが、軽さも相まって、ネックストラップをつけるには最適ですね。

意外と高級感がある

人それぞれの感じ方かと思いますが、どことなくiPhoneに似たフレームと背面。
安っぽさはあまりありません。

残念な点

バッテリーが貧弱すぎ

夜充電せずに寝るだけで、バッテリーが60%くらいになっています。
朝からまったく使わなくても、夕方には50%を切ってきます。
※ほぼデフォルトの設定のまま。省電力にはしていないです。

日中、1日使うことは少し難しいです。

もちろん、サイズ、重さとのトレードオフなのは分かりますが、
もしメイン端末として使うのであれば、モバイルバッテリーを持ち歩く必要があります。

このバッテリーの弱さが、全てをダメにしてしまった感があります。

非接触充電は欲しかった

あれもこれも、はよくないですけどね。

多くの端末がQiで充電できる中、「Rakuten mini」用にコードを引っ張ってくるのはやや面倒です。

カメラに期待してはダメでしょう

残念というか、仕様通りですかね。

評価

評価:★★☆☆☆

端末としては尖ったコンセプトで、とても魅力的な端末です。

しかし、どういうポジションで使うべきか、がイマイチ定められません。

メインスマホとして使用

電池持ちが厳しいため、モバイルバッテリーが必須です。
結果的に、荷物は軽くなりません。
また、検証できていませんが、楽天モバイル一本打法とするには少し勇気がいる状況です。。

サブスマホとして使用

おそらく、この使い方が大多数だと思います。

「サブ」として期待すべきは、「メイン」にはない機能の利用、もしくは「メイン」回線の節約。

私の場合、「メイン」はiPhoneとなりますので、Androidアプリの利用やおサイフケータイ機能があります。
また、テザリング用途としても利用可能です。

しかし、以下の状況により、(私としては)サブとしてもあまり使い道がない状況でした。

「おサイフケータイ機能」
→ iPhoneでSuicaの利用は可能。いまや、ほぼ全ての場所でSuicaが利用でき、Suicaのチャージ還元率も高い形で利用しているため、「おサイフケータイでなければ!」というケースは激減しました。そのレアケースの場合であれば、現金で払ってしまいます。あえて言うなら、モバイルPASMOで定期券利用、でしょうか。

「テザリング用途」
→ 電池の持ちが悪い、という点がまず大きいです。それに加え、いまやiPhoneもデュアルSIM化しております。eSIMに格安のIIJを投入すれば、メイン回線の節約は可能です。

ということで

メインでもサブでもない、どう使うのがよいか・・・という状態になってしまいました。

楽天モバイルの回線は手数料を払えば物理SIMにも切替可能ですので、iPadに投入するなど、別の使い方がよいかな、、、とも考え、検討中です。

関連リンク

関連記事

「Rakuten mini」というスマホ端末をご存じでしょうか? 世界最小、最軽量を謳うスマホであり、日本で第四のキャリアとして活動し始めた楽天モバイルの目玉端末でもあります。 [blogcard url=https://net[…]

関連記事

先日、格安SIMを提供しているIIJ(みおふぉん)から、ついにeSIMに対するプラン提供が始まりました! [blogcard url=https://www.iijmio.jp/hdd/esim/] eSIMの概要や、私のeSIMに[…]

記事情報や役立ち情報を発信します!
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content