【トラブル(解決済)】Macのストレージ割当が少ない?ディスクユーティリティで戻す方法

ふとMacのディスクサイズを見たときに「あれ?このMacBookPro、512GBモデルにしなかったっけ?300GBしか割当されていないぞ・・・?」と気づきました。

戻すのに若干苦戦しましたので、その備忘録です。

事象が発生したモデルは、MacBookPro(2018) 15インチ、macOS Mojave(10.14.6)です。

原因(推測)

もはや記憶がないので推測となりますが、BootCampでWindowsを動かしていましたが、その領域を削除した時に何らかの処理がうまくいかなかったため、と思われます。
というのも、Windowsへの割当を200GBに設定した記憶はあり、それと使用していないサイズが整合するからです。
※BootCampとは、Macの標準機能であり、Mac(マシン)に専用のストレージ領域を割り当て、そこにWindowsをインストールする技術です。
BootCampは「IntelMac」になった時の恩恵ですね。

MacBookProを購入当初、BootCampでWindowsも使ったのですが、結局はParallels上で仮想的にWindowsを動かす形で十分な性能であり、わざわざ再起動しないと使えないBootCampはやはり不便でした。

対処法

当方法で必ず解決できる、というものではありませんのでご注意ください。
また、ストレージを操作するので、必ずバックアップは取得の上、作業ください

この辺りの公式サイトを参考に、対応しました。

Apple Support

Macのディスクユーティリティで、ストレージデバイスのパーティションを追加、削除、消去、または拡大します。…

つまるところ、MacOSに標準インストールされている「ディスクユーティリティ」を使用して作業します。

ディスクユーティリティ起動

ディスクユーティリティを起動し、該当のボリュームを選択して「パーティンション作成」をクリック

パーティション作成

出てきたポップアップで「パーティション作成」を選択

拡張後のサイズを指定

サイズを選択できる画面になるので、拡張後のサイズを指定します。

最大サイズを超えて指定すると自動的に最大サイズの値に変更してくれるので、全領域割り当てたいのであればそれが楽です。
(私の場合、500GB割当でしたので、520GBとか入力すると500GBに勝手に書き換わりました。)

復元完了!

これで無事に復元しました。

「BootCamp」を起動しても復元するような内容が出てきませんでしたし、「ディスクユーティリティ」でも「ボリュームの拡大」のような操作がパッとは見つからず、、、苦戦しました。
まさか「パーティション『作成』」画面から拡大ができるとは思いませんでした。
※日本語のアヤなのかな、、、

    メルマガ 登録フォーム

    最後までお読みいただき、まことにありがとうございます。

    Gloria, Limitedでは、「ITお役立ち情報」をお伝えするメルマガ『Professional's eye』を発行しております。

    • こんなセキュリティを気にすべきと分かり、助かった!
    • こんな便利なものがあることを知った!
    • クライアント様との会話が盛り上がった!

    など、大変好評をいただいております。

    無料でご購読できますので、ぜひご登録ください。

    お名前(ハンドルネーム可)*
    メールアドレス*
    個人情報の取扱いについて* Privacy Policy

    ご入力頂いたメールアドレス宛に、広告を含むご案内のメールをお送りする場合があります。
    また、ご入力いただいた個人情報は「Privacy Policy」の記載に基づいて適切に管理します。

    バックナンバーを見る

    関連リンク

    Apple Support

    Macのディスクユーティリティで、ストレージデバイスのパーティションを追加、削除、消去、または拡大します。…