Macにおける有線LANと無線LAN(WiFi)の優先順位

MacBookPro15インチ(2018年モデル)を使用しているのですが、有線LANも無線LANも使用しています。
MacBookPro本体には無線LAN(WiFi)しかありませんが、Thunderbolt3で接続できるDockを使っており、そのDockに有線LANがついているのです。

使っているのはこちらです。
「CalDigit TS3 Plus Thunderbolt3 ドッキングステーション」

MacBookPro15インチのフルである85Wでの給電もできますし、外部ディスプレイも接続可能、SDカードスロットなどもあり、と使い勝手抜群です。

このDockにある有線LANを使用しているのですが、この同じ有線ネットワーク内にNASがあります。
NASには有線で接続した方がコピー速度はバツグンに速く、有線利用といきたいところですが、
Macの「Apple Watchでのスリープ解除」「AirDrop」などの機能を使う場合、無線LAN(+Bluetooth)の接続が必要になります。

そのため有線も無線も同時に接続しておきたいのですが、同時に接続している場合はどういう挙動になるっけ?、、、と混乱しましたので、あらためて確認しました。

有線LANと無線LANの接続優先順位

複数接続している場合、どちらを優先するかを決めるだけでした。

Macにおける設定は簡単です。

システム環境設定>ネットワーク の画面で設定アイコンを押し、「サービスの順序を設定」で順番を決めるだけです。

自分の場合、有線LAN>無線LANの順に設定するだけですね。
(実はこれが逆になっていて、「なんだかNASへのコピーが遅いなー」と思っていました。。なぜ逆になっていたかは不明です。)

ちなみに、こんなイメージのネットワーク構成になります。
インターネット接続はいずれにせよ無線LANを経由しての接続になります。
なので、速度面で考えると、基本は有線LAN経由での通信で問題ないのです。
厳密にはWiFi直結の方が速いはずですが・・・







               
           

   
株式会社グロリア
石黒直樹
         
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以下も、ぜひご活用ください^^
情シスの定石
メルマガ
Site Access Log by HTTP Header
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360
>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG