【効率化ツール】【ブラウザ自動操作】Amazonの領収書をPDFで一気に保存!確定申告のお供にどうぞ。

マルス〜効率化ツール〜

領収書をPDFで保存

確定申告や決算に向けて、領収書/請求書の確保が必要になりますよね。

Amazonで書籍や備品などを購入されている方も多いと思います。
しかし、いつからか、Amazonの領収書はWebからの取得のみとなってしまいました。
(しかも、1つずつ・・・)

数が多いとかなりの手間で、自身もかなりのストレスでした。

自動化させてしまおう、ということで自動化ツールを用意しました。

できること

ツールを実行することで、対象となる期間(ご自身で表示できます)の領収書を「1つずつPDF化してファイル保存」します。

例) 2020年に100件明細があれば、100個PDFファイルを作成して保存します。

自動操作のイメージ動画もご参考ください。

難易度

★☆☆☆☆

ツールをダウンロードいただいて、設定ファイル(メモ帳で編集できるテキストファイル)にご自身の設定内容を記述。
その後、ダブルクリックで実行。

途中、保存したい領収書の一覧を表示させる操作がありますが、ブラウザで表示させてEnterを押すのみです。
※あえて、任意の一覧を選べるような作りにしています

※事前に、Selenium+Pythonの環境設定が必要です。先に動作確認をお願いいたします。

基本設定

利用環境・動作確認環境

  • Windows10 Pro(20H2)
  • Python 3.9.1
  • Selenium(Python) 3.141.0
  • Chrome 87.0.4280.88
  • chromedriver.exe ※Chromeに適合するバージョン

利用コスト

当ツール以外の追加コストは不要です。
無料ツールの組み合わせのみで実現可能です。

なお、Webサイトの操作を自動実行する仕組みから、接続先Webサイトの仕様変更により動作しないことがございます。
Webサイトの操作は100%の稼働を保証するものではございません。タイミング等によっては実行失敗することもございます。

当ツールは「Amazon」様とは何の関係もございません。
非常識な数のアクセス等、接続先サイトに迷惑や損害を与えた場合、罰せられる可能性がございます。
その場合においても、弊社においては一切責任を負いません。
※ご提供ツールの状態のままご利用いただく分には、手動操作の代替レベルのアクセスです。
(意図的な「一時停止」等の考慮も入っております。)

何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ツール管理番号

selenium-python-202012-0003-02

利用方法

ツールを取得

以下より入手してください。

今すぐ手に入れる!

ページの手順に従って設定いただく形となります。

実行準備

適当なフォルダを作成いただき、ツール一式(「go.cmd」「get_amazon_receipt.py」「parameters.txt」)と「chromedriver.exe」を格納してください。

接続設定

「parameters.txt」の設定をします。
メモ帳などのテキストエディタで開いていただき、値をセットして保存します。

項目名は変更せず、「:」の後に続けて値を入力してください。
入力した値が、そのまま画面に入力されます。

# 項目名 項目意味・補足説明
1 ログインURL (変更する必要なし)
2 ユーザID Amazonアカウントを入力してください。
3 ログインパスワード Amazonアカウントのログインパスワードを入力してください。
平文のまま表示されますので、取り扱いにご注意ください。

実行

「go.cmd」をダブルクリックして実行してください。

ブラウザが自動で起動し、ログインが実行されます。
すると、開いたコマンドプロンプトに以下のメッセージが出力されます。

ブラウザが「注文履歴」のページになっています。
領収書を取得したい注文履歴の表示に、通常通りブラウザを操作して切り替えてください。
※切り換えなくても問題ない場合は、そのままでOKです。

切替が完了しましたら、コマンドプロンプトでEnterを押してください。

1つずつ領収書ページを開き、PDFで保存します。
複数ページにまたがる場合でも、自動で遷移します。
※上記の画像のケースですと、57個のPDFファイルが保存されます。

保存先は、実行ユーザーの「Download」フォルダとなります。

FAQ

注文履歴の途中からのPDF取得は可能ですか?

現時点、対応しておりません。

もしエラーなどで取得に失敗した場合は、最初から再取得してください。

取得済みの明細を保存しないようにできますか?

対応しておりません。

もしエラーなどで取得に失敗した場合は、最初から再取得してください。

再取得したら、領収書に「再発行」と表示されてしまいました

Amazonの仕様です。

不正利用を防ぐためと思われますが、不正に使用しなければ税務上問題はないと思われます。
詳しくは税理士様にご確認ください。

※ただ、初回に確保したPDFから何枚でも印刷できますので、「再発行」と書く意味が「?」ではあります・・・

保存するPDFファイル名を変更したい

変更できません。
ページのタイトルがPDFファイル名となります。

例) 「Amazon.co.jp – 注文番号 999-7777777-1234567.pdf」

なお、タイトルが重複した場合は、自動で末尾に(1)といった番号が自動付与されます。
上書きすることはありません。

Amazonアカウントは二段階認証設定しているのですが、対応していますか?

対応していません。

当ツールを実行される時は二段階認証を解除いただき、ご利用ください。

ログイン等を自動化して、セキュリティは大丈夫?

設定ファイル(parameters.txt)の取り扱いには十分ご注意ください。
(利用開始時にパスワードをセットし、利用終了時にパスワードを削除する、など)

なお、当自動化ツールの仕掛け自体は、既存の環境をあまり汚しませんので、簡単に削除いただくことが可能です。(土台となるPython+Seleniumは除く)
→ 当ツール自体はゴミ箱に捨てていただければ削除できます。
SeleniumからChromeを操作する「chromedriver.exe」も、Chrome本体とは分離したプログラムとなります。
Chrome拡張機能のように、Chromeにアドオンするようなものではございませんので、よりご安心してお使いいただけると考えております。

うまく動作せずにエラーが発生します

ブラウザ自動操作は、実行環境により動作しないことがございます。
また、接続先サイト側に変更があった場合、動作しなくなることもございます。

お手数をおかけしますが、お問い合わせをお願いいたします。

お問い合わせ

違う挙動をさせたい

カスタマイズ等を承ることも可能です。

まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

更新履歴

2020/12/18 Ver.1.0 登録

2021/01/12 Ver.1.1
Amazonの認証タイムアウトに対応しました。
タイムアウト時でも、自動で再ログインし、処理を継続します。

ツールを利用する!

今すぐ手に入れる!

>最新情報をお届けします

最新情報をお届けします

当サイト『Gloria, Limited』では
ワクワクする『デジタルお役立ち情報』 を発信しております。

最新情報をお送りいたしますので是非ご登録ください^^

CTR IMG