【ソフトレビュー】アニメーション動画がこんなに簡単に作成できる!「Wondershare Anireel(アニリール)」(Windows)

アニメーション動画を作成する。

ビジネスにおいても、説明動画としてアニメーション動画が活用されることがあります。
デジタル系サービスの説明で多いイメージでしょうか?

しかし、(個人的には)アニメーション動画作成の敷居は高いです。
「撮影→編集」して作成できる動画とは異なり、アニメーションは「イラスト」データが必要となります。

作ってみたいな、と思いつつも、なかなか着手できないのが現状でした・・・

そんな中、当サイトでいくつか製品レビューも実施しております「Wondershare」様において、アニメーション動画が作成できる新作ソフト「Anireel(アニリール)」がリリースされましたので、早速試してみました!

面白くて、弊社で使用するアニメーション動画も作成してしまいました^^;;;

おことわり

当記事は「Anireel(アニリール)」を製造、販売されている「Wondershare」様よりライセンスをご提供いただき、本レビュー記事を作成しております。

なお、記事内容に対しての指示はなく、全て私の意見、判断を忌憚なく掲載しております。

ソフト選定のご参考になりましたら幸いです。

確認環境

  • Wondershare Anireel(バージョン 1.6.2.0) Windows用
  • Windows 11 Pro(21H2)

※全て、記事作成時点最新版

「Wondershare Anireel(アニリール)」とは?

アニメーション動画を簡単に作成するためのソフトです。

テンプレートやイラストも含まれており、日本市場にマッチした和風素材も提供されています。

新作ソフト(2021年末にリリース)であり、執筆時点、Windows版のみの提供のようです。

Anireelをダウンロードする >>>

「Anireel(アニリール)」はこんな方にオススメ

  • マーケティングプロモーション、教育・トレーニングなど、アニメーション動画が効果的なシーンのためのアニメーション動画を作りたい方
  • 専門的な知識はないけど、手軽に作成したい方

以下、使用して感じたポイントを挙げていきます。

気に入った点

テンプレートあり

やはり、テンプレートがあると随分と楽です。

こだわらなければ、このテンプレートを元に文章や画像を変更していくだけで、アニメーション動画が作成できます。

イラストも多数あり

色々な小道具が用意されています。

これはありがたいかぎりです。

オブジェクトを動かす(アニメーションさせる)のが簡単

A地点からB地点へ、など、オブジェクトを動かす設定が簡単です。

これだけでも、アニメーションっぽくなりますね。

動くキャラクターが作れるのは秀逸

NintendoのMiiのように、顔とか衣装とかを選んで、オリジナルキャラクターを作ることができます。

そして、それをアニメーションさせることができます。

この機能のおかげで、アニメーション内容にかなりの幅を持たせることができます。

 

書き出し時間もそこそこ

2分程度の動画を、1920×1080(最高解像度)で出力したところ、2分+αくらいの書き出し時間でした。

数十分といった長編アニメーションを作らない限り、書き出し時間が大きな問題になることは少ないかと思います。
(ビジネス用の説明アニメーション動画で、長編アニメーションを作る機会は少ないと思います。)

※ただし、それなりのスペックのPCで処理しています。(Intel Core i7-1065G7)

残念な点

まだリリースしたばかりのソフトです。
下記に記載の内容もどんどん対応されていく可能性があります。

Wondershare様のソフトは、継続したバージョンアップが一つのウリだと感じています。

今後のバージョンアップに期待です!

エフェクトに関する細かな設定がない

例えば、文字を「タイピング」するような形でアニメーション表示できたりするのですが、その速度を変更することができません。

文章の長さによって表示速度が変わってしまいますので、少し気になるケースが出てきます。

※文章全量に対して、全量表示するのにかかる時間が「固定」となっているようです。
そのため、文章が短いとゆっくりとタイプ、文章が長いと素早くタイプされる形で表示されます。

タイピングの設定に限らず、「上にスライド」など各種エフェクト全般について、詳細な設定はないようです。

文字装飾機能を強化してほしい

「文字の縁(ふち)」を違う色にする、といった設定もありません。

縁については、動画のクオリティに直結すると考えていますので、ぜひ実装していただきたい点となります。

執筆時点では、フォント、サイズ、整列、太字・斜字・下線 といった設定となります。

フォントはPCにインストールしてあるものが使えます。

画像のトリミングなども不可

ソフト上でトリミングは出来なさそうです。

向きの変更、回転などは可能です。

別ソフトでトリミングした画像を読み込めば、問題はありませんが、取り込んだ画像から少し削りたい時など、多少手間です・・・

キャラクターのアニメーションも細かな指定は不可

多様な動きがキャラクターはできますが、そのスピードや、動きを任意の地点で止めるといったことができません。

そのため、「口パク状態と文字表示と合わない」など、細かな点を見ると気になってくるケースがあります。

※なお、口パクに関しては「リップシンク」という機能があります。
音声データがなかったため試せていませんが、口パクに関してはこの機能で解消するのかもしれません。

用意されているデータ以外を使う場合は、やはり大変

イラストデータを準備し、「Anireel(アニリール)」でアニメーション動画を作成することはもちろん可能です。

データの取り込みも可能です。

しかし、そのイラストデータを準備するというのが(個人的には)結構ハードルが高いです・・・

今後、「Anireel(アニリール)」において色々なデータ提供がされていくのかもしれませんが、現状、アニメのテイストは1種類なのかなと感じました。
(ここは本当に、データ次第ですね・・・)

買い切りプランがない?

あくまで記事作成時点ですが、買い切りプランはないようです。

高額ではないため、使う時に契約する形でもよいかと思いますが、買い切りも選択肢に欲しかったところです・・・

※Wandershare様のソフトは、たいてい買い切りプランもありますので。

アニメーション動画 作成のコツ

実際にアニメーション動画を作成してみて、感じたコツを書いておきます。

できるだけ「シーン」を活用する

自分でペタペタ貼っていくことももちろんできるのですが、用意されている「シーン」を使ってしまう方が楽です。
(かつ、クオリティ高く見えます・・・笑)

まずは「シーン」を選択して、そこからカスタマイズしていく方法がオススメです。

こだわりすぎない

微妙なタイミングの調整など、こだわりはじめるとキリがありません。

また、現時点では細かい設定項目はありませんので、イメージのモノが出来ない可能性もあります。

ほどほどで完成とするのがよいでしょう。

当然ですが、シナリオが必要

当然と言えば当然ですが、アニメーションを作り始める前に「シナリオ」が必要です。

誰に、何を、どのように伝えるのか。

ラフシナリオを作ってから作業に取りかかりましょう。

動画を作成してみました

弊社サービス「デジタル活用塾360」のご紹介アニメーション動画を作成してみました。

貼り付けて設定していくだけで、このレベルの動画は簡単に作成することができます。
ソフトの試用も兼ねて色々と操作しましたが、シナリオ作成から動画完成まで半日もかかっていません。

なお、ロゴ画像とサイト画像以外は、全て「Anireel(アニリール)」で提供されているコンテンツを利用しています。

総評

こだわりすぎず、簡単にアニメーション動画を作成する。
そうしたケースでは抜群の威力を発揮します。

私自身はイラストのテイストが好きな感じですので、まったく問題ありません。
(実際に公開する動画を作っちゃいましたし・・・)

しかし、まだまだ機能強化・コンテンツ追加してほしい状態かなとも感じました。

新作ソフトでもありますので、今後のアップデートに期待大!です。

Anireel(アニリール) ダウンロードページへ

               
           

  Web非公開の情報もあります・・・👍                

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360
>【発売中】情シスの定石(技術評論社)

【発売中】情シスの定石(技術評論社)


情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

■ こんな方にオススメ
現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

CTR IMG