【製品レビュー】子供用アクティブトラッカー Garmin vivofit jr.2

自身は「AppleWatch」や「Garmin(ガーミン)のアクティブトラッカー」を使って、ライフログを蓄積しております。

ずっと両手に装着しているほどのマニアですので(笑)、5歳の息子もそういったグッズが欲しい様子。
軽いジョギングなども一緒にできるようになってきたので、「せっかくなので何かデータ取れないかな・・・」と思いました。

Kids用のアクティブトラッカーを探してみたところ、「Garmin」からKids用のグッズが販売されておりましたので購入してみました。

レビューも兼ねてご紹介いたします!

関連記事

お会いするたびにツッコミ受けそうな気がしますので(^^;;; 先んじて記事にしておきます。 (見苦しい画像で申し訳ございません!) [adcode-start] 腕時計2つではなく・・・ 腕時計を両手につける、というサッカーの本[…]

Garmin vivofit jr.2

「Garmin(ガーミン)」というメーカーの製品です。
ロードバイクやアウトドア系に強いメーカーで、最近はモバイルSuicaに対応したりと、積極的にリリースが行われています。

Garmin Japan

キッズ向けアクティビティトラッカーは、お子さま向けのウェアラブルデバイスです。vivofit jr. は水泳にも対応した…

AppleWatchを装着するのも一瞬考えましたが、以下の点から時期尚早と判断しました。

  • さすがにまだ破損リスクが高すぎる
  • 毎日充電なんてできないだろう
  • iPhoneとの連携管理が面倒

気に入った点

雑に扱っても大丈夫「そう」

子供が使うとなると、まずはこの点が最重要です。

プールでも使える防水レベルですし、シリコンで覆われておりますので怪我もしにくくて安心です。

バッテリー管理も楽

ボタン電池(CR1632)で、約1年持つようです。(電池は200円くらいですね)
基本的にバッテリーの管理は不要です。

睡眠データも取れる

どれくらいしっかりと寝れているのか、は少し心配していたことでした。

データ上は、まあ、寝れているのですかね?
起きているわけではなさそうですので、一安心です。

装着することによる影響は少なそう

ゴム(シリコン)製のバンドですし、心拍センサー(緑のライトが出る)なども搭載されておりませんので目に見えない悪影響をあまり気にする必要はなさそうです。
(ボタンを押すとBluetooth通信をするようですが。ただし、省電力のため、ほとんど通信はしていなさそうです。)

本当にずっと装着していると、その部分が日焼けしません。
ですので、適度に右手、左手と変えています。

残念な点

ゲームは本当に面白いのか?(笑)

スパイダーマンモデルを購入しましたので、スパイダーマンを題材としたゲーム(スマホでプレイ)ができます。
(STAR WARSモデルやアナ雪モデルなど、色々あります。)

1日60分以上活動すると1コマ進めることができるボードゲームのような形になっており、毎回ミニゲームが楽しめます。
ある程度進むと、バンドに表示できる新しいアイコンがゲットできたりと、継続して楽しめる工夫はなされています。
しかし、ミニゲームはほぼ同じ内容なので、本当に面白いのか疑問です。。
息子曰く「面白い」なのでOKですが。

取得できるデータは少なめ

基本的には
「歩数」
「活動時間」(何分動いたか)
「睡眠データ」(非睡眠/浅い睡眠/深い睡眠)
のデータが取れる程度です。

大人用に比べると、取得できるデータの種類はかなり少ないです。

もちろん、心拍計などのセンサーもないため取得しようがないと思いますが。

「お手伝い」や「ごほうび」の仕組みは親次第

機能はあるのですが、運用をしようとすると親がしっかりと管理する必要があります。

我が家はいい感じの適当さで運用しています。

評価

評価:★★★★☆

装着する子供が気に入るかどうか、が一番のポイントになると思います。
ゲームを先に進めたいらしく、活動が60分に満たない場合はなんだかウロウロとしていたりします。笑

運動が意識できるのは良いことですね。

この手のトラッカーは、継続してデータを貯めて、傾向などを見て役に立てる、というのがポイントになると考えます。
定期的にデータを確認して、健康管理に使えるようにしたいですね。

               
           

   
株式会社グロリア
石黒直樹
         
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以下も、ぜひご活用ください^^
情シスの定石
メルマガ
Site Access Log by HTTP Header
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360

    >【発売中】情シスの定石(技術評論社)

    【発売中】情シスの定石(技術評論社)


    情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

    ・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
    ・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
    ・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

    ■ こんな方にオススメ
    現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
    部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
    経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

    CTR IMG