使ってみよう!!「Microsoft Teams」。概念、設定、実利用まで

ビジネス用のチャットツールは、世の中たくさんあります。
「Chatwork」「Slack」「Microsoft Teams」などなど・・・

それぞれ特徴が少しずつ異なりますが、「Microsoft Teams」を使ってみようと思いました。(他にも色々と使っています・・・)

概要の整理、設定、実際に使用してみましたので、せっかくですのでまとめておきます。

なお、この手のツールはバージョンが上がると内容が変わったり料金体系が変わったりしますので、その時点の最新状況をご確認の上、ご利用くださいませ。

Microsoft Teams は、Microsoft 365 でのチーム コラボレーションのハブです。チームが結束して…

Microsoft Teamsを選定した理由

「ゲスト」を気軽に利用したい

いわゆる、ユーザ単位課金のかからない「ゲスト」の形で、外部の人と利用したい。

「Slack」でもゲスト機能がありますが、まず、オーナーとしてSlackの課金利用(スタンダードプラン以上)が必要となります。
そして、ゲストに対して1つのチャンネルにしか招待することができません。
複数のチャンネルに対して同じゲストを追加しようとすると、そのゲストに対してもユーザ課金されることになります。

そもそもOffice365を使っている

とても気に入った場合、多少の月額利用料をプラスすることで使える、というのはお手軽。
また、Word、Excel、PowerPointなどのビジネスツールの必要性から、Office365は間違いなく使うだろう、との思惑もあります。

結構評判は高い(?)

Teamsなしではやってられない、といった声を聞くこともあり、試してみるべき、との判断もあり。

Microsoft Teamsのザックリイメージ

複雑ではなく、ザックリと以下の構成になっています。

テナント(Office365を契約している企業) > チーム > チャネル > 会話 > 返信

「チーム」ごとにアカウントのアクセス制御が可能です。
つまり、この「チーム」に対して特定のメンバ(ゲスト含む)のみアクセスを許可する、といった制御ができます。

各種設定メモ

ゲスト アクセス許可

そもそものTeams導入の目的ですね。

まずは「組織」としてゲストを許可する設定が必要となります。

Microsoft Teams 管理センターから操作するのですが、URLがパッと見当たらない?のでその場合は以下からアクセスください。

チームに「ゲスト アクセス」(組織内のメンバーでない人間も招待できるようにする仕組み)を許可するため、許可を「オン」にします。

設定反映に時間がかかるようですので、ご利用は計画的に。

ゲストアカウントの表示名変更

これまた、違う画面から設定する必要があります。

ゲストを招待する時に名前を設定できますが、明示的に名前を入力するようには見えないので、メールアドレス=表示名となってしまうことも多いかと・・・

Microsoft Azure Portal > Azure Active Directory > ユーザ

Microsoft Azure Portal ですべてのアプリを構築、管理、監視します。ユーザー、ユーザーのチームおよび…

アカウントに紐付く電話番号などの情報変更

Teams上で自分を確認すると、どこから取得してきたのか不明ですが、電話番号がセットされていました。
(Office365を契約した時の電話番号?)

この番号だと都合が悪いため変更したかったのですが、これもすぐには変更箇所が分からず。

上記と同じく、以下から変更します。
Microsoft Azure Portal > Azure Active Directory > ユーザ

Microsoft Azure Portal ですべてのアプリを構築、管理、監視します。ユーザー、ユーザーのチームおよび…

ちょっと使ってみた感想

マルチプラットフォームでサクサクと動く

Windows、Mac、iPhoneで動作確認してみましたが、サクサク動いていい感じです。

ファイルのアップも可能

この手のツールでは当たり前ですが、会話上にファイルもアップできるため、共有がしやすいです。

ファイルがそのまま参照できるのがよい

Office系製品のPowerPointやPDFなど、Teamsウィンドウ内で表示できます。
地味に便利です。

気兼ねなくゲスト招待できる

上述の通り、ゲストを増やしても課金は増えないため、「とりあえず招待する」が気軽にできます。

設定反映が遅い

無料プランだからか(?)、設定の反映に時間がかかります。
アカウントの名前、アイコン等の反映や、新規チャネルのファイル格納庫の作成(下準備)など。
まあ、待てば反映されますので、待つしかないです。

「チーム」の作成可能数が250らしい

大きな組織でない限り十分な気もしますが、制限があるのも気になるものです。
バカスカ作りまくるわけにはいかないですね・・・
なお、「チャネル」は200までらしいです。

この記事では、Microsoft Teams に適用される制限、仕様、およびその他の要件について説明します。…

大きく気になる点はありませんでしたので、試験運用開始しました。

余談

邪魔者扱いしていたのはナイショだよ。
個人利用だといらないですよね・・・

関連記事

Windows10 1903にアップデートしたら、起動するたびに「Microsoft Teams」というアプリが自動起動するようになってしまい、困りました。 解決策を記しておきます。 [adcode] 削除するアプリをお間[…]

「ITに詳しくなる」メルマガ『Professional's eye』

当記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!

弊社グロリアでは「ITに詳しくなる」メルマガ『Professional's eye』を発行しております!

「ITニュースの"やさしい"解説」や「IT活用のノウハウ」をお届けします。
(プレゼント企画などもあり!?)

話のネタに、ぜひご登録ください^^

購読料金は無料!です。

Professional's eye(メルマガ)

Professional's eye(メルマガ) ITプロフェッショナルの目線からお届けする 「ITに詳しくなる」メルマガです! ちょっぴりお得なことも!? [sitecard subtitle=バックナンバー url=[…]

関連リンク

関連記事

Windows10 1903にアップデートしたら、起動するたびに「Microsoft Teams」というアプリが自動起動するようになってしまい、困りました。 解決策を記しておきます。 [adcode] 削除するアプリをお間[…]

Microsoft Teams は、Microsoft 365 でのチーム コラボレーションのハブです。チームが結束して…

Microsoft Azure Portal ですべてのアプリを構築、管理、監視します。ユーザー、ユーザーのチームおよび…

この記事では、Microsoft Teams に適用される制限、仕様、およびその他の要件について説明します。…

記事情報や役立ち情報を発信します!
>− あなたと共に、未来を創る −

− あなたと共に、未来を創る −

この理念の元、あなたに寄り添い、あなた以上に未来を見据え、その未来に向けてトータルでサポートいたします。
その場限りではない、末永いお付き合いを望んでおります。

あなたの頭脳になりたい。全ては、明るい未来のために。

CTR IMG
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content