【製品レビュー】AppleWatch5 Titanium 使用レビュー&ギャラリー

実は、AppleWatchは初代から毎回購入し続けています
初代を購入したのは発売から1年以上経過してからだったと記憶していますが、それからは毎年発売開始と同時に購入しています。
一部は売り払いましたが、寝るときに装着するなど、実は複数本使い分けています。
つまり、お風呂に入る時以外、ほぼ24時間装着しています。

そんなAppleWatch囚人が感じた、AppleWatch5の製品レビュー(と写真ギャラリー)です。

今回はWatch Editionであり新素材となる「Apple Watch5 Titanium (Silver)」を選択しました。

使用レビュー

主に、AppleWatch4との違いを中心にレビューです。
WatchOS6関連も合わせて記載しておりますので、AppleWatch5以外でも使える機能はあります。

常時表示Retinaディスプレイはイイ!!

今までのAppleWatchは基本的には画面は消灯していました。
しかし、AppleWatch5でついに!!常時時間が表示できるようになりました。
よく言われますが、ようやく「時計になった」と思います。
個人的にはApple「Watch」というネーミングは失敗だろ、と思っていた(時間見えないし)のですが、ここにきてついに時計になりました。
数日使用しましたが、チラ見で時間が見れる(厳密にはコンプリケーションと呼ばれる、画面に表示するアプリ機能も見れる)のは相当便利です。

コンパス内蔵が地味に効く

AppleWatch5から、コンパスが内蔵されました。
マップを使う時にどっちを向いているのかの精度が上がるのかなー、でも、Watchでマップなんて見ないよなー、、、と最初は軽く見ていました。
しかし、AppleWatch5のコンパスは画面に常時表示することができます。(コンプリケーション)
これが地味に便利であることに気がつきました。
都会の高層ビル群にいると、GPSではなかなか精度が上がらず、さらに地下に入ったり出たりすると方向がよく分からなくなることがあります。
そういった時にWatchのコンパスでさっと北がどっちかを確認。これだけで、わざわざマップを見なくともどちらに向かえばよいかが判断できます。
(まあ、iPhoneを取り出して「コンパス」アプリを起動すれば同じ話ですが。)

バンドの使い回しができる(AppleWatch初代〜AppleWatch5 全てを通じて)

バンドもそれなりの高価格帯であるため、初期は購入をためらいました。
しかし、未だに同じバンドを使い回すことができます。
AppleWatch4でディスプレイサイズが大きくなりましたが、筐体サイズはそのままであったため流用できました。これには関心しましたね。
また、Apple純正バンドは値が張るだけあって、丈夫です。
Apple純正バンドで壊れたものはないです。Amazonで購入できるような安物バンドは壊れます・・・

ほとんど違和感なく継続して使えるのは、不思議なモノ

ある意味目新しさがない、とも言えますが、ほぼ24時間使い続けるモノであるため、妙な違和感を感じないのが一番よいのです。

電池の減りは早い

公称18時間はあながち嘘ではない。(自分の使い方でも10時間で50%くらい減っていましたので、結構妥当な感じです。)
ただし、AppleWatch4は公称よりも遥かに長持ちしましたので、そういう意味で減りが早いと感じますね。
感覚的ですが、AppleWatch4は30時間くらいは使えたイメージです。

文字盤のサードパーティ解放はいつ来るのか・・・

AppleWatchの文字盤は、Appleが提供する「型」のみです。(他社製スマートウォッチは、自由に作れるものが多い。)
戦略的なものや電池の持ちなどを気にしているのだと思いますが、そろそろ解放してほしいですね。
「AppleWatch文字盤ストア」とかできれば売れる気がしますが・・・

正直、それ以外はAppleWatch4と大差ないので、もはやごく当たり前なものとなりすぎていてレビューの観点が思い浮かびません 笑

ギャラリー

所有物のバンドを付け替えた写真ですが、素材や色合いを決めるのにご参考になれば、と。
(店舗に行かない限り、なかなかズバりな写真ってなく、購入時は結構迷うのですよね〜。)


左:AppleWatch5 Titanium (Silver)
右:AppleWatch2 Stainless Steel
チタンは光沢が落ち着いている感じですね。(こうしてみると、ステンレスは結構傷が入ってます。3年使ってますし。)


Titaniumモデルに標準で付属してくるスポーツバンド
付属されているとは知りませんでした・・・
それが分かっていたら、スポーツバンド以外のモデルを選択したかな・・・


ストーンスポーツバンド
AppleWatch5購入時に選んだスポーツバンドです。


ブラックスポーツバンド
確か、初代AppleWatchを購入時に付属してきたバンドです。
鉄板のブラック。何にでも合いますね。
使い古しているので少し汚いのはご容赦を。


リンクブレスレット
TitaniumとStainless。ですが、結構合いますね。


スペースブラックリンクブレスレット
うーん、こいつはちょっと合わないかも・・・


ブライトブルー レザーループ(廃番)
悪くはないコントラストですね。


Hermès ヴォー・バレニア(フォーヴ) シンプルトゥールディプロイアントバックルレザーストラップ(廃番)
相当使いこんでいますので、購入時と色変わっています。
シルバー系の本体にはよく合いますね。

評価

総評:★★★★☆

もはや日常生活に完全に溶け込んでしまったAppleWatch。
買い換えたことを忘れてしまうほど溶け込んでいます。笑
しかし、それがこの手の商品では大事なのです。(使い勝手に違和感・ストレスを感じさせてはダメなのです。)

常時表示Retinaディスプレイも秀逸
電車でつり革を持っている時などでも時間が確認できる、という当然のことができる時計になりました。

なお、AppleWatchはスマホの代わりではなく「健康管理&通知用端末」です
この点を理解して使うと、納得のいくガジェットだと思いますし、とても利便性の高いガジェットだと感じられると思います。

今までAppleWatchを使ったことがなくて、初めてAppleWatch5を購入する方はとても幸せだと思います。
(ここまで完成してきたガジェットをいきなり手にできる、という意で。)

↓AppleWatch5のセットアップに関してはこちらを参照くださいませ。

関連記事

「AppleWatch4」を使っていますが、新たに「AppleWatch5」を購入しましたのでそのセットアップ備忘録メモです。 最近のApple製品は「バックアップから復元」でも完全に同じ状態とはできません。 [adcode] セ[…]

更新履歴

2019/09/26 新規作成
2019/09/27 「使用レビュー」にコンパスの話を追記

関連リンク

記事情報や役立ち情報を発信します!
>− あなたと共に、未来を創る −

− あなたと共に、未来を創る −

この理念の元、あなたに寄り添い、あなた以上に未来を見据え、その未来に向けてトータルでサポートいたします。
その場限りではない、末永いお付き合いを望んでおります。

あなたの頭脳になりたい。全ては、明るい未来のために。

CTR IMG
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content