AppleWatch5のセットアップ!多少の個別設定は必要。

「AppleWatch4」を使っていますが、新たに「AppleWatch5」を購入しましたのでそのセットアップ備忘録メモです。
最近のApple製品は「バックアップから復元」でも完全に同じ状態とはできません

セットアップメモ

何はともあれ「バックアップから復元」

これでほとんどが設定できます。

Suicaの移動

AppleWatchで使っているSuicaは手動で移動する必要があります。

古いAppleWatchの「WalletとApple Pay」で一度SuicaをiPhoneに移動、その後新しいAppleWatchに移動、です。

Apple Payの追加

Apple Payの登録は端末依存であるため、再度設定が必要です。
新規登録時と同様の手順で追加します。

モバイル通信設定

モバイル通信設定も端末依存であるため、再度設定が必要です。
旧AppleWatchで利用していますので、追加設定となります。

以上で、新しいAppleWatchの設定は完了です!

トラブルシューティング

AppleWatch5でウリの「コンパス」アプリがない

これは私がアプリを断捨離しすぎなのかもしれませんが。笑
iPhoneに「コンパス」アプリがインストールされていないと、AppleWatchでも「コンパス」アプリが表示されないようです。
iPhoneのAppStoreから再インストールできます。
(「コンパス」アプリがなくとも、AppleWatchの「マップ」アプリでコンパス機能を使うことはできました。)

モバイル通信設定で、My Softbankにログインできない

「デュアルSIM」としてiPhoneを使用していて、データ通信の設定を「Softbank」にしていなかったのが原因

「Softbank」回線で接続すれば問題なくログインできますので、あとは普通に追加設定するだけです。

ログインできなかった時のエラーメッセージが「パスワード違います」みたいなノリですので、真の原因に気がつかないかもしれません。
(WiFi接続でもダメです。)

デュアルSIMのお話は以下を参照くださいませ。

関連記事

iPhoneXSはもともと「eSIM」が備わっております。 先日の記事でeSIMについて記載しましたが、「eSIMを使える端末を所有しているのに、使ってみないというのは何事だ!」、、、ということもあり、実際に契約して使ってみました。 […]

ちなみに、設定可能な時間帯は9:00〜21:00です。

補足

AppleWatchの「モバイル通信サービス」ですが、複数台のAppleWatchを使用される方もいらっしゃると思いますので、補足しておきます。(Softbankの場合)

以下の公式ページの通りとなりますが、
親回線1に対して、AppleWatchを複数台紐付けることは可能です。(最大5台)
ただし、最後にアクティブにしたAppleWatchが通信としては有効になる、とのことですので、同時に使えるAppleWatchは1台となります。

ソフトバンク

Apple Watch モバイル通信サービス設定方法をご案内いたします。Apple Watch と iPhone が離れ…

ご利用設定について

・親回線1回線につき、最大5台の Apple Watch を登録できます。
・登録した Apple Watch を利用できる状態(以下、「アクティブ」)にする必要があります。
・Apple Watch を新たにアクティブにした場合、アクティブにした Apple Watch の再起動が必要です。
・別の Apple Watch をアクティブにした場合、登録している他の Apple Watch は圏外となります。
複数の Apple Watch をご利用いただく場合、最後に登録された Apple Watch のみがアクティブとなり、他の Apple Watch は圏外になります。

↓AppleWatch5の製品レビューを行いました。ご参照くださいませ。(2019/09/26)

関連記事

実は、AppleWatchは初代から毎回購入し続けています。 初代を購入したのは発売から1年以上経過してからだったと記憶していますが、それからは毎年発売開始と同時に購入しています。 一部は売り払いましたが、寝るときに装着するなど、実は複[…]

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360

    >【発売中】情シスの定石(技術評論社)

    【発売中】情シスの定石(技術評論社)


    情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

    ・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
    ・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
    ・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

    ■ こんな方にオススメ
    現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
    部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
    経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

    CTR IMG