Dropbox 無料プランの端末同期数が3台までに。一度サヨナラだ。。。

先日、Dropbox 無料プランの仕様変更、月額プランの料金改定がありました。(2019/3のようです。)

ITmedia NEWS

Dropboxが、無料版ユーザーが1つのアカウントでリンクできる端末数をこれまでの無制限から3台までに変更した。ヘルプペ…

そのような状態になっていたことは全く知らなかったのですが、新しい端末からDropboxに接続したところ「同期端末減らしてね」と警告されました。

容量はあまり使わねど、端末数はやたらと保有している自分。(仮想端末もありますし。)
これは致命傷です。。

※すでに登録済の端末が使えなくなるわけではないようです。新しく追加する時に、合計3台以内になるように整理する必要があります。
しかし、自分はよく端末を入れ替えますので、すでに影響が出ています。。。

過去、Evernoteでも同じようなことがありましたね。
※今はもう脱Evernoteしてしまいましたが。

必要であれば有料プランとしての支払いはかまわないのですが、ヘビーにDropboxを使用しているわけではないため、迷いました。

ちなみに、Dropboxのプラン表を見ても「同期 3台まで」という表記がない。。。何故・・・?

Dropbox

個人向けプランに関する詳細をご覧ください。Basic、Plus、Professional を比較して、あなたに最適な D…

Dropbox有料プランの検討

ということで、自分にとってのDropbox有料プランの価値を真面目に検討してみました。

  • 自分はNAS(自宅に配置できるストレージ装置)を保有しているため、容量観点で有料プランにするという魅力はなし。
    さらにOffice365を利用しているため、OneDriveが1TB利用できる状態です。
  • 色々なアプリがDropboxには対応していることが多いため、細々と色々なアプリのデータが置かれている。(他のクラウドストレージには対応していないアプリも多いのです。)
    しかし、Dropboxで同期したいから置いている、というよりは、iCloudよりもDropboxかなーという程度の選択。
  • テキストファイルやスクリプト置き場としても利用。しかし、この用途においては、使う端末を3台に絞ることは可能と判断。
  • しかし、、、1Passwordという、パスワードマネージャーのデータ格納場所として利用していた。(なお、1PasswordはOneDriveには格納できない。)

致命傷!1Passwordの同期

この、1Passwordの同期ができなくなるのが致命傷でした。

1Passwordとは、iOS、Mac、Windows、Android、さらには各種ブラウザへアドオンと、ほぼ全てのプラットフォームで稼働できるパスワードマネージャです。
iCloudキーチェーンやChromeのパスワード保存など他にも似たようなサービスはありますが、ここまでマルチプラットフォームで使えるのは1Passwordの特徴の1つだと思います。

1Password

パスワードマネージャー、デジタル保管庫、フォームフィラー、安全なデジタルウォレット。1Passwordは、アカウント情報…

1Passwordにパスワードを登録しておくと、顔認証や指紋認証を用いてブラウザに直接パスワードを入力することができます。
パスワード入力しているところを後ろから見られない(=ショルダーハッキング)ため、出先でのパスワード入力に対してもセキュリティが高いです。

また、自分の場合、特に重要なアカウント(例えばシステムの管理者アカウント)などは、数十文字超でかつランダム文字のパスワードにしているため、パスワード見ながら手打ちするのも困難なレベル(^^;;; コピペでないと入力できません。

つい先ほども、海外と思われるIPアドレスから当ブログ(WordPress)にアタックした形跡がありました。(通知メールが来た。)
その手のアタックを防げるようにセキュリティは施してあるので問題ありませんでしたが、こういったパスワードマネージャーがないと、さすがに入力できないレベルのパスワードを設定することはできませんね。

とった対策はDropboxの有料プランではなく、1Passwordの有料プラン

なのでDropboxの有料プランを!!!となるかと思いきや、1Passwordにも(1Password提供の)クラウドを使って同期できる有料サービスがあります。

アプリ買い切りの場合、MacならMac、WindowsならWindowsのライセンスが必要となり、Dropboxで鍵を連携すれど、ライセンスがない場合は参照のみのモードになります。

1Password自体のアプリアップデートを考えた時、また、なくなっては困るサービスという意味でも、1Passwordを有料プランにする方が意味があるな、と考えました。

Dropbox Plusだと 1500円/月、1Passwordの個人プランだと2.99米ドル/月(400円くらい)と、月額利用料が安いことも決め手でした。

ということで、さっそく1Passwordのアカウントを作成して使用開始しました!
※が、30日は無料お試し期間なので、まだ課金は始まっていないです。

余談

自分もITをコアとして仕事している人間ですので、よいサービスにはきちんと対価をお支払いしたいと思っています。

しかし、無尽蔵にお支払いするわけもいかず、さらに、今まで無料だったものに(自分にとって何の追加メリットもなく)お支払いするのは、やはり抵抗がありますね。

この手の商売の難しいところです。

なお、Dropbox自体の利用を停止するつもりはなく、無料プランの3台の範囲で、大事に利用させていただこうと思います。

関連リンク

ITmedia NEWS

Dropboxが、無料版ユーザーが1つのアカウントでリンクできる端末数をこれまでの無制限から3台までに変更した。ヘルプペ…

Dropbox

個人向けプランに関する詳細をご覧ください。Basic、Plus、Professional を比較して、あなたに最適な D…

1Password

パスワードマネージャー、デジタル保管庫、フォームフィラー、安全なデジタルウォレット。1Passwordは、アカウント情報…

記事情報や役立ち情報を発信します!
>− あなたと共に、未来を創る −

− あなたと共に、未来を創る −

この理念の元、あなたに寄り添い、あなた以上に未来を見据え、その未来に向けてトータルでサポートいたします。
その場限りではない、末永いお付き合いを望んでおります。

あなたの頭脳になりたい。全ては、明るい未来のために。

CTR IMG
Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content