音声認識の恩恵を。留守電サービス「スマート留守電」

みなさまは携帯の留守番電話サービスはご利用されていますでしょうか。
キャリア標準の留守電オプションもよいのですが、自分は「スマート留守電」というサービスを使っています。
なかなか使い勝手がよいのでそのご紹介です。

「スマート留守電」とは?

  • 月額300円ほどの、留守電サービスです。(キャリアと大差ないですかね?)
  • 留守番電話録音用の電話番号が発番され、そこに自分の携帯から転送を仕掛ける形です。
  • そのため、複数台の携帯から一つの留守電サービス(スマート留守電)に転送することができます。(料金も1契約分で済みます。)
  • 留守電に録音された音声は音声自体も聞けますが、日本語で文字起こししてくれます。精度が高いとは言い切れないですが、要件を大まかに把握するレベルであれば十分で、実際、音声を聞くことはほぼないです。
  • 留守電に登録された内容の確認は、複数の端末からアクセスが可能です。

(2019/06/11追記)
こんな感じで文字認識されます。読むだけで要件、分かりますよね・・・?(実例です)

留守電のメッセージを文字化してLINEやメール、スマートウォッチに自動転送します。詐欺対策で常に留守電に設定にしたい人や…

余談

ちなみに自分がどこで知ったかと言いますと、(自分としては)珍しくヨドバシカメラでiPhoneの機種変更をした時、ですね。
たまにはこういう大手で機種変更するのも、面白いことを教えていただけて楽しいですね。

留守電に登録いただいた内容を聞く、というのは結構時間がかかることだと思います。(伝言の時間+接続の時間がかかりますからね。)
留守電への着信が多い方なら、なおさらです。

それが文字でさっと読める、というだけでも、非常に効率がよいと思いませんか?

               
           

   
株式会社グロリア
石黒直樹
         
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

以下も、ぜひご活用ください^^
情シスの定石
メルマガ
Site Access Log by HTTP Header
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360

    >【発売中】情シスの定石(技術評論社)

    【発売中】情シスの定石(技術評論社)


    情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

    ・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
    ・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
    ・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

    ■ こんな方にオススメ
    現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
    部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
    経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

    CTR IMG