【ゲーム】リングフィット アドベンチャーはUIが素晴らしい!!(Nintendo Switch)

現在品薄になっている「Nintendo Switch」。
さらには発売当初から入手しづらい状況が続いてきた「リングフィット アドベンチャー」。

私としてはどちらも随分前に購入したものですが、
エンジニア目線から「リングフィット アドベンチャー」の素晴らしさを少し語りたいと思います。

フィットネスゲームとしても優れたゲームですので、お手に取るチャンスがありましたら是非お試しください!

※くれぐれも「長蛇の列に並んでまで購入する」などのリスクはとらないよう、お願いします m(_ _)m

「リングフィット アドベンチャー」とは?

専用コントローラ(リングコン)を利用した「おうちフィットネス」ゲームです。

任天堂ホームページ

冒険しながら、フィットネス。2019年10月18日(金)発売、Nintendo Switch『リングフィット アドベンチ…

素晴らしさ

極めつけは、幼児でも楽しめるUI!!

UI(ユーザーインターフェース)は素晴らしいです。

ひらがなが多少読めるくらいの4歳半の幼児でも、ほぼ自分でプレイできることに驚きました。

選択肢の判断や、特殊な指示(xxxを達成する必要がある)、アイテムの説明などは補助が必要ですが、プレイ自体はほぼ支障なしです。

画面を見たら分かる

どういう動作をすればよいのかが画面に表示されますので、見よう見まねでプレイできます。

あまりゲームをされない方でもプレイしやすいのではないでしょうか。

コントローラ操作も簡単

ゲームの特性にも関係すると思いますが、複雑なコントローラ操作がないため、簡単にプレイできます。

「リングコン」を押し込む、引き離す、上に上げる、下に下げる、くらいの操作です。

十字キーも使えますので、操作するならこちらの方が楽ですが 笑

かけ声がなかなか秀逸

フィットネス中に相棒となる「リング」から声がかかるのですが、そのタイミング、内容がなかなか秀逸です。

体の動きの状況に合わせて声がかかります。
「無理しないで!」「ゆっくりやろう」など。

この連動性が、心地よさを感じる秘密だと思います。

フィットネスとして

自分の場合、だいたい2面くらい(10分くらい)プレイすると、体にきます。笑
息子は平気でもっとプレイするのですが、体の構造が違うのでしょうか・・・

ちなみに、リングフィット アドベンチャーをプレイして、息子は走り方が少しよくなったと感じますし、胸板が厚くなった感がします。
なんて素晴らしいゲームなんでしょう!笑

プレイする人に合わせて

運動負荷の変更ができたり、指示された動きが不完全であってもOKと、
「できるだけプレイしてもらう」工夫が随所に施されています。

フィットネスは「自分との戦い」ですので、こういった調整はありがたいです。

元ゲーマーからすると、レベル99を超えても平然とレベルアップしていくことに驚きました。笑

製造コスト

ここまでの低価格(Switch本体、ソフトに同梱されているリングコントローラ)で
しっかりと動きを認識できる仕掛けを作れるのは、さすがNintendoだと感じます。

おそらく、ソフト的に(ゲーム的に)も動きを補完する処理が多々入っているのだと思いますが、
スムーズに画面とリンクする動きはストレスを感じません。

コメント

純粋に「フィットネスゲーム」としてオススメですし、
エンジニアとしても学ぶべき点は多々あるゲームだと思います。

「なぜ心地よさを感じるのか?」を意識しつつプレイすると、次々と発見があるかと思います。

※プレイしているとキツくなってくるので、それどころではなくなるのはナイショだよ。

昔、「Wii Fit」という似たようなゲームがありましたが、画面との動きの連動性は格段に向上していると感じました。

               
           

  Web非公開の情報もあります・・・👍                

情シスの定石
Site Access Log by HTTP Header
デジタル活用塾360

    >【発売中】情シスの定石(技術評論社)

    【発売中】情シスの定石(技術評論社)


    情報システム部門の担当者が「絶対に」押さえるべきノウハウを体系化!

    ・システムの企画から廃止まで、情シスが「何をすべきか」「どう動くべきか」がわかる
    ・失敗につながる「見えない要因」を明らかにし、成功に導くためのポイントを解説
    ・情報システム開発に携わるすべての人の必読書

    ■ こんな方にオススメ
    現役「情シス」/ 異動で「情シス」へ / 転職で「情シス」へ
    部下・新人育成にお悩みの方 / 業務部門の方
    経営者 / 開発ベンダ勤務の方 / 就活生

    CTR IMG