Raspberry Pi-03〜電子ペーパー接続編〜

Raspberry Piの魅力はハードウェアの拡張性。
電子ペーパーとの接続も可能ですので、接続してみましょう。

購入したのはWEAVESHAREというメーカーの電子ペーパーです。

基本的にはこちらの公式サイトを参照しながら設定すればOKです。

以下は、WEAVESHAREの電子ペーパーを使った設定となります。
メーカーが異なれば方法も異なると思いますのでご注意ください。

目次

01. 動作確認環境
02. Raspberry PiのSPI設定を有効化
03. 必要なソフトウェアのインストール
04. サンプルコードを取得、テスト
99. 更新履歴

01.動作確認環境

本体

  • Raspberry Pi ZERO WH

OS

  • Raspbian 9.6系

02. Raspberry PiのSPI設定を有効化

SPI接続を使いますので、本体設定をONにします。

# Raspberry Piの本体設定を起動
sudo raspi-config
# Interfacing Options > SPI > enabled で Yes を選択

# reboot
sudo reboot

03. 必要なソフトウェアのインストール

# BCM2835ライブラリのインストール
wget http://www.airspayce.com/mikem/bcm2835/bcm2835-1.60.tar.gz
tar zxvf bcm2835-1.60.tar.gz 
cd bcm2835-1.60/
sudo ./configure
sudo make
sudo make check
sudo make install

# wiringPiライブラリのインストール
sudo apt-get install wiringpi
# Raspberry Pi4の場合は以下も実施
cd /tmp
wget https://project-downloads.drogon.net/wiringpi-latest.deb
sudo dpkg -i wiringpi-latest.deb
gpio -v
# gpio version: 2.52 であることを確認

# Python2の関連ライブラリのインストール
# 作業場所はどこでもOK
sudo apt-get update
sudo apt-get install python-pip
sudo apt-get install python-pil
sudo apt-get install python-numpy
sudo pip install RPi.GPIO
sudo pip install spidev

# Python3の関連ライブラリのインストール
# 作業場所はどこでもOK
sudo apt-get update
sudo apt-get install python3-pip
sudo apt-get install python3-pil
sudo apt-get install python3-numpy
sudo pip3 install RPi.GPIO
sudo pip3 install spidev

04. サンプルコードを取得、テスト

必須ではないですが、サンプルコードがあった方が作業がしやすいため、ダウンロードしておきましょう。

# サンプルコードをダウンロード
# 場所は任意の場所でOK、homeフォルダにtmpなどを作成するのがオススメ
sudo git clone https://github.com/waveshare/e-Paper

# サンプルコードは以下(Pythonの場合)
cd e-Paper/RaspberryPi\&JetsonNano/python/examples

# 電子ペーパーのサイズによってテストスクリプトが異なるので注意
# 妥当ではないスクリプトを実行すると、画面が化けます
# 以下は2.7インチ電子ペーパーの場合(2in7が2.7インチという意味のようです)
sudo python3 epd_2in7_test.py

# 化けた場合の例

99. 更新履歴

2019/12/12 新規作成

Raspberry Piに戻る

Click to Hide Advanced Floating Content
Click to Hide Advanced Floating Content